更新日:2021年9月14日

あらかわ区議会 Arakawa City Assembly

ここから本文です。

斉藤邦子議員(共産党)一般質問

動画

斉藤邦子議員(共産党)写真
斉藤邦子議員(共産党)

質問項目(要旨)

コロナ感染爆発のもとでの対策の強化について

  • 対策の要となる保健所職員の増員を行うこと。
  • ワクチン接種と検査は両輪です。大規模検査を行い無症状感染者の早期に発見・保護する体制を東京都に求めること。内閣府の事業所等モニタリング検査の枠組みを拡大し、希望する事業所・大学すべてで定期検査が可能になるように要請すること。
  • 東京都に対して臨時医療施設を設置し病床と医療従事者確保に最大限の力を尽くすことを求めること。
  • 医療機器オキシマイザーの自費負担に対する保険適用を求めると共に、当面補助を行うこと。
  • 国に対して「自粛と補償はセット」を強く申し入れること。また収入が落ち込んでいる事業者への区独自給付を行うこと。

デルタ株による事態急変の中、子ども・学校の緊急コロナ対策について

  • 感染拡大が顕著となっている学校・幼稚園・保育園等で子どもたち全員の検査を行うこと。また職員の定期的な検査の実施すること。
  • デルタ株の感染力の強さを考え、学校と子ども・保護者の状況を十分考慮したうえで分散登校や短縮授業も状況によっては検討すること。保護者の休業補償助成金・支援金は改善と再開を強く求めること。
  • 学校・幼稚園・学童クラブ・保育園にCO2測定器を緊急設置すること。
  • 必要な子どもに不織布マスクの支給を行うこと。
  • 学習内容の精選と子どもの成長にとっても欠かせない楽しい行事の実施を各学校各学年クラスで工夫して行えるようにすること。

2022年度の予算編成にあたっては目の前の区民のいのちと暮らしを守る荒川区独自の対策に知恵と力を発揮すること。

西日暮里駅前地区再開発については保育園や高齢者施設の代替え地が見つかり見通しがつくまでは計画をすすめないこと。

若者支援について

  • 若者の生の声を集めると共に若者学生の専門部署を立ち上げること。
  • 18才までの医療費無料化を実現すること。
  • 小さくともキラッと光る技術を持つ企業や伝統技術も多い荒川区の特色を生かした若者雇用対策にもっと光をあてて取組むこと。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

議会事務局議会事務局企画調査係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎5階)

電話番号:03-3802-3111(代表)

ファクス:03-3803-8887