更新日:2020年6月17日

あらかわ区議会 Arakawa City Assembly

ここから本文です。

小林行男議員(共産党)一般質問

動画

小林行男議員(共産党)の写真
小林行男議員(共産党)

質問項目(要旨)

新年度予算について

  • 昨年の消費税大増税が区民の暮らしと地域経済に深刻な影響を与えている現実をどう認識しているのか、区の見解を問う
  • 区民のくらしの実態に寄り添い、住民福祉の増進という自治体本来の役割を発揮するため暮らし応援の緊急対策が必要だと考えるが区の見解を問う

安心できる介護保険サービスについて

  • 政府が検討している認知症対策にも逆行する軽度者の介護保険外しや介護サービス利用料の負担増などは断念するように求めること
  • 第8期高齢者プランにあたっては、「住み慣れた地域で住み続ける」ために必要な介護サービス・施設整備を目標にすること。また高すぎる保険料引き下げに向けて国庫負担の拡大を求めるとともに、区としても独自に一般財源を導入してでも介護保険料の抑制、値下げを決断すること
  • 介護職員の賃金アップ・労働条件改善のため、介護報酬とは別枠で国費の直接投入による賃金引き上げの仕組み創設を求めると同時に区としての支援強化を検討すること
  • 虐待、貧困、社会的孤立、老々介護など「処遇困難」の高齢者への支援は、本来老人福祉法に基づく自治体の仕事であり、区の高齢者福祉課のケースワーカーなど福祉職をさらに増員し支援を強化すること
  • 高齢者のみなさんが緩やかに社会とつながる場所の提供に支援すること

地域経済の主役、中小企業への支援について

  • 区内小規模事業者への補助制度を一層使いやすくするための拡充をおこなうこと
  • 「住工共生」のため操業環境保全、産業集積の維持発展、新たな区内創業、住環境整備など今後の方向性について区の認識を問う

安心安全なまちづくりについて

  • 1000戸のタワーマンションや巨額の区費を投入する大ホール建設など重大な問題をはらむ西日暮里再開発計画は、見直すこと
  • 不燃化特区事業の延長にともない道路拡幅だけにとどまらず、各町、丁目毎の不燃領域率も明らかにし、燃えない、倒れないきめ細やかな住宅耐震・不燃化を推進すること
  • 住宅耐震化・建替え支援策拡充とともに建替え・住み替え促進に向けて空き家なども活用した公的住宅、町屋5丁目区民住宅の活用など従前居住者住宅を抜本的に増やすこと
  • 住宅確保要配慮者(低所得者)に対する家賃補助制度を創設すること
  • ひとりの犠牲者も出さないため、家具転倒防止器具と感震ブレーカー設置100パーセントを改めて宣言し推進すること

交通安全対策について

  • 日暮里駅ホーム転落事故の重大性を受け止め、即刻ホームドアを設置するようJR東日本に強く求めるとともに、区内全駅ホームドア設置に向けての実態調査と鉄道事業者への要請を行うこと
  • 音声信号機の設置促進を行うこと
  • 自転車マナーの向上と保険加入を促進すること

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

議会事務局議会事務局企画調査係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎5階)

電話番号:03-3802-3111(内線:3616)

ファクス:03-3803-8887