トップページ > 教育・青少年育成 > 教育・学校 > 小・中学校 > 小・中学校における新型コロナウイルス感染者の発生 > 区立小学校(1月14日判明校)における在籍児童の新型コロナウイルス感染症患者の発生(1月15日現在)

更新日:2021年1月15日

ここから本文です。

区立小学校(1月14日判明校)における在籍児童の新型コロナウイルス感染症患者の発生(1月15日現在)

令和3年1月14日(木曜)、荒川区立第五峡田小学校の通常学級に在籍する児童が新型コロナウイルス感染症PCR検査の結果、陽性と判明いたしました。

今後も、感染拡大防止と子どもたちの安全確保を最優先に、適切に対応してまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

区民のみなさまにおかれましては、人権尊重と個人情報の保護に、最大限のご理解とご配慮をいただきますようお願い申し上げます。

休校の対応

保健所による確認の結果、校内での濃厚接触者はいないと判断されたため、臨時休業期間の延長は行いません。つきましては、当該学級については、当初の予定どおり以下の期間を臨時休業といたします。

1月15日(金曜)から1月16日(土曜)

※注釈 再開は1月18日(月曜)となります 

対応について

引き続き消毒作業を実施するなど、感染及びその拡大リスクを低減させるため、新しい学校生活の構築に尽力してまいります。

これまでの経緯

  • 1月14日(木曜) 児童1名の陽性が判明し、学校での感染拡大を防止するため、当該学級について1月15日(金曜)から1月16日(土曜)まで臨時休業を決定
  • 1月15日(金曜) 保健所による確認の結果、濃厚接触者はいないと判断されたため、臨時休業期間の延長は行わず、当初の予定どおりの期間で臨時休業を実施することを決定

感染者の経過

  • 1月12日(火曜) 最後の登校日
  • 1月13日(水曜) PCR検査を実施
  • 1月14日(木曜) 陽性が判明

問い合わせ先

新型コロナウイルスに感染した疑いがある方

かかりつけ医がいる場合

電話で、かかりつけ医へ相談してください。

※注釈 通常の診察と発熱患者の受診時間を分けている場合もありますので、直接受診せず、必ず電話して確認してください。

かかりつけ医がない・かかりつけ医が受診時間外の場合

かかりつけ医がいない場合やかかりつけ医が受診時間外の場合、東京都発熱相談センターへご連絡してください。

東京都発熱相談センター(土曜・日曜、祝日含む、24時間):03(5320)4592

区立小中学校及び幼稚園について

学務課学事第二係 電話:03-3802-3111 内線3336~3338(平日午前8時30分から午後5時15分)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

教育委員会事務局学務課

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号

電話番号:03-3802-3111(代表)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?