トップページ > まちづくり・土木 > まちづくり > 説明会 > 尾久地域におけるまちづくりについて

更新日:2020年8月19日

ここから本文です。

尾久地域におけるまちづくりについて

尾久地域は、古い木造建物が密集し、地震の際に建物の倒壊や火災の発生による延焼の危険性が高いといわれています。
このため、尾久地区では平成21年度から密集住宅市街地整備促進事業(密集事業)を導入し、防災性の向上と良好な住環境の整備を進めております。さらに、平成26年度には、東京都の木密地域不燃化10年プロジェクトに基づく「不燃化特区(不燃化推進特定整備地区)」の指定を受け、建替えや除却に対する助成制度を設けるなど、災害に強いまちづくりに取り組んでいます。
こうした区が主体となった取り組みに加え、尾久地域の皆様とともに、防災性や住環境の向上を目指していくためのまちづくりについて検討しています。

平成29年度からまちづくりルールの検討を行ってきた(仮称)東尾久四丁目地区は、令和2年4月1日に尾久中央地区地区計画の区域となりました。

地区計画の内容:尾久中央地区地区計画(変更)

検討の経緯  :尾久中央地区及び(仮称)東尾久四丁目地区におけるまちづくり

 

位置図

 

尾久東部地区におけるまちづくり

これまで、防災性の向上と良好な住環境の形成に向けたまちづくりを検討するため、まちづくりアンケート調査や意見交換会などを実施しました。

平成31年3月には「尾久東部地区防災まちづくり協議会」が設立され、「安全で安心して住み続ける災害に強いまち」を目指したまちづくり活動が行われています。
今後は尾久東部地区におけるまちづくりルール(地区計画)の導入に向け、「まちづくり協議会」とともに検討を進めてまいります。

第1回アンケート調査について

平成29年10月から11月に、『まちの環境』や『まちの将来像』についてアンケート調査を実施しました。

第2回アンケート調査について

平成30年3月に、まちづくりルール(地区計画)の導入を検討するためのアンケート調査を実施しました。

道路計画に関する意見交換会及び各戸訪問について

消防車や救急車などの緊急車両が通行しやすく、また災害時に避難路となる道路の地区内への整備を目指し、区が整備効果の高い路線を提案し、検討を行っております。

検討路線の沿道にお住まいまたは土地・建物をお持ちの皆様のご意見をより多くお伺いするため、沿道権利者に対する各戸訪問及びアンケート調査を実施しました。

第3回アンケート調査について

 尾久東部地区におけるまちづくりルール(地区計画)検討案をとりまとめ、これに関するアンケート調査を令和2年2月から3月に実施しました。

お問い合せ先:
防災街づくり推進課 防災街づくり係
電話番号:03-3802-3111 内線2834

尾久中央地区及び(仮称)東尾久四丁目地区におけるまちづくり

区では、防災性の向上と良好な住環境の形成に向けた規制・誘導を広めていくために、平成29年度から(仮称)東尾久四丁目地区において、「まちづくりルール」の検討を進め、先行して決定していた「尾久中央地区地区計画」の区域を拡大する形式で都市計画として定め、令和2年4月1日に告示されました。
これまでの取り組み内容については、以下のとおりです。

アンケート調査について

平成29年10月から11月と平成30年3月にまちづくりルール導入に向けたアンケート調査を実施しました。東尾久四丁目地区のアンケート結果は以下のとおりです。

平成31年2月から3月に(仮称)東尾久四丁目地区におけるまちづくりルール(地区計画)素案(案)に対する、アンケート調査を実施しました。

 

お問い合わせ先:
防災街づくり推進課 防災街づくり係
電話番号:03-3802-3111 内線2821

関連情報

密集住宅市街地整備促進事業

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

防災都市づくり部防災街づくり推進課防災街づくり係

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号(北庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線2821、2827)

ファクス:03-3802-4104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。