トップページ > 子育て > 保育園・幼稚園など > 保育園 > 新型コロナウイルス感染症対策に伴う児童の保育における実施期間等の取扱い(令和2年9月15日時点)

更新日:2020年9月15日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症対策に伴う児童の保育における実施期間等の取扱い(令和2年9月15日時点)

 区では、新型コロナウイルス感染症が及ぼす経済への影響や、失業等雇用環境の悪化の影響などを踏まえ、児童の保育の実施期間等について、次のとおり取扱うこととします。

  • 2か月以上連続して欠席した場合に退園となる取扱いを、令和3年3月31日までの期間は休止することとします。
  • 非自発的な理由(企業の経営不振による人員整理や企業倒産による解雇、雇い止めなど)により失業した場合及び入園申込時より勤務実績が減少した場合でも、就労の最低基準(月12日以上、1日4時間以上の就労を常態)を満たしていれば、令和3年3月31日まで入園を継続することとします。
  • 求職を認定事由とする児童の保育の実施期間について、求職活動実績を確認のうえ、実施期間を延長することとします(最長で令和3年3月31日まで)。

※注釈 本対応方針は、現時点のものであり、状況の変化により変更する場合があります。保護者の皆さまにおかれましては、ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

子ども家庭部保育課入園相談係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:3825)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?