トップページ > 子育て > 保育園・幼稚園など > 保育園 > 保育園における新型コロナウイルス感染者の発生 > 家庭福祉員の保育室における新型コロナウイルス感染者の発生(1月25日判明分)(2月1日現在)

更新日:2022年2月1日

ここから本文です。

家庭福祉員の保育室における新型コロナウイルス感染者の発生(1月25日判明分)(2月1日現在)

令和4年1月25日(火曜)に、園児1名の感染が確認された区内家庭福祉員の保育室の新型コロナウイルス感染について、濃厚接触者の健康観察期間が7日間に変更されたことを踏まえ、臨時休室の取扱いを下記のとおり変更することといたします。

今後も、感染拡大防止と子どもたちの安全確保を最優先に、適切に対応してまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

休室の対応

2月1日(火曜)まで臨時休室いたします。

※注釈 状況によっては、休室期間を変更する場合があります。

感染者の経過

詳細は保健所の調査中です。

今後の対応

2月2日(水曜) 再開予定

これまでの経緯

1月25日(火曜) 園児1名の感染を確認。2月5日(土曜)までの休室を決定。消毒作業。

※注釈 保育室では、日々、園舎内・玩具等、児童の手が触れる箇所を消毒しています。

人権尊重・個人情報保護について

感染者の人権尊重と個人情報の保護に留意する必要があるため、詳細情報はお答えできません。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

子ども家庭部保育課保育指導係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線)3823

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?