トップページ > 構想・計画 > 子育て・教育 > 子育て > 子ども・子育て支援事業計画 > 「子ども・子育て支援新制度」が創設されます

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

「子ども・子育て支援新制度」が創設されます

平成24年8月、子ども・子育て関連3法が成立し、「子ども・子育て支援新制度」(以下「新制度」)が平成27年度から創設される予定です。新制度の目的は次の3つです。

  1. 質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供
  2. 保育の量的拡大・確保
  3. 地域の子ども・子育て支援の充実


子ども・子育て支援新制度パンフレット

子ども・子育て関連3法とは

新制度の創設に関する次の3つの法律のことを指します。

  1. 子ども・子育て支援法
  2. 就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律(通称:認定こども園法の一部を改正する法律
  3. 子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(通称:関係法律の整備等に関する法律

新制度に向けた荒川区の対応

子ども・子育て支援事業計画策定のためのニーズ調査の集計結果がまとまりました

平成25年10月に、幼稚園・保育園等の施設や、地域の子育て支援事業の需要見込量を把握するため、区民の皆さまの教育・保育・子育て支援に関する「現在の状況」や「今後の利用希望」についての調査を実施しました。
調査はアンケート方式で行い、無作為に選ばれた区民に送付いたしました。

対象

  • 区内在住の未就学児の保護者の方(2100人)
  • 区内在住の小学1から3年生の保護者の方(900人)

設問数

  • 未就学児 40問程度
  • 就学児 30問程度

「荒川区子ども・子育て会議」を設置

区では新制度に向けて、子ども・子育てに係る関係者の意見を聴取するため、「荒川区子ども・子育て会議」を設置しました。会議は、学識経験者、子育て支援事業者、保護者の代表、公募区民などで構成されています。。

「荒川区子ども・子育て支援事業計画」を策定

法律により、市区町村は新制度への移行に先立ち、国が定める「基本指針」に基づいて、地域の保育需要等を踏まえた「子ども・子育て支援事業計画」を策定することとされています。
荒川区においても、子ども・子育て支援に関する区民の皆様のニーズを把握するとともに、子育て中の方、子育て支援に携わっている方などのご意見をお聴きしながら、事業計画の策定を進めていきます。

子ども・子育て支援新制度 すくすくジャパン!(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

関連リンク

※注釈 区の関連ホームページ以外の外部リンクは別窓で開きます。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

子ども家庭部子育て支援課管理調整係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:3811)

ファクス:03-3802-4919

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?