トップページ > 構想・計画 > 子育て・教育 > 子育て > 子ども・子育て支援事業計画 > 平成27年4月から子ども・子育て支援新制度が始まりました

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

平成27年4月から子ども・子育て支援新制度が始まりました

一人ひとりの子どもが健やかに成長することが出来る社会を目指し、24年8月に子ども・子育て支援法等の関連3法が成立しました。
これらの法律に基づき、27年4月から「子ども・子育て支援新制度」がスタートしました。


新制度シンボルマーク(内閣府)

区の取り組み

待機児童の解消を目指します

この10年間で合計約2000人の保育定員を拡大した結果、26年4月の保育所待機児童数は8人まで減少しました。

27年4月には、三河島駅前に定員63人の私立認可保育園を開設すると共に、老朽化した区立町屋保育園を町屋ふれあい館の隣接地に移転・民設民営化し、定員を150人に拡大しました。
今後も保育定員の拡大を図り、待機児童の解消を目指します。

地域の子育て支援を充実させます

家庭で子育てをする保護者も利用出来る「一時預かり」や、「地域子育て交流サロン」等、すべての子育て家庭への支援策を充実していきます。

放課後対策の総合的な充実を目指します

27年度から、一部の学童クラブで高学年(4から6年生)の児童の利用を開始します。
また、28年度までに全ての児童に安全・安心な放課後の居場所を提供する放課後子ども教室(にこにこすくーる)を、区内全小学校に開設すると共に、学童クラブとにこにこすくーるを一体型として整備する「(仮称)放課後子ども総合プラン」を順次拡大していきます。

幼稚園や保育所等を利用するための新しい認定制度が始まります

新制度では、幼稚園や保育所等の利用を希望する保護者の方からの申請に基づいて、区がお子さん一人ひとりについて保育の必要性の認定を行います。
※注釈 詳細は、下表を参照して下さい

認定の種類
認定区分 対象 利用対象施設
1号認定 満3歳以上で、教育を希望する子ども 幼稚園、認定こども園
2号認定 満3歳以上で、保育が必要な子ども 保育所、認定こども園など
3号認定 満3歳未満で、保育が必要な子ども 保育所、認定こども園、地域型保育など
利用の流れ(27年4月入園の例)
日程 幼稚園・認定こども園
(1号認定)
保育所・認定こども園・地域型保育
(2号・3号認定)
11月
  • [1]利用申し込み(11月頃)
  • [1]入園案内の配布(11月下旬)
12月
  • [2]入園の決定(11月から1月頃)
  • [2]「保育の必要性の認定」申請 及び
    利用申し込み(12月10日(水曜)まで)
27年
1月
  • [3]幼稚園・認定こども園利用の認定申請
    (1月以降)
  • [3]荒川区による利用調整
  • [4]認定証(2号・3号認定)の交付
    (1月下旬頃)
2月
3月
認定証(1号認定)の交付(2から3月) 入園の内定(2月下旬)
入園の決定(3月)
備考 ※注釈1 在園児には、幼稚園等を通じて利用認定申請について連絡します
※注釈2 私立幼稚園等で、新制度へ移行せず現行制度のままの園は、認定の申請は必要ありません
※注釈1 在園児には、保育所継続手続きと同時期に利用認定申請について連絡します
※注釈2 東京都認証保育所の利用は、現状から大きな変更の予定は無く、認定の申請は必要ありません

申請・認定・問合せ

  • 区立幼稚園・汐入こども園(中・短時間)
    各園または学務課(内線3331)
  • 私立幼稚園等
    各園または子育て支援課(内線3811)
  • 保育所・認定こども園・地域型保育
    保育課(内線3825)

関連リンク

※注釈 区の関連ホームページ以外の外部リンクは別窓で開きます。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

子ども家庭部子育て支援課管理調整係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:3811)

ファクス:03-3802-4919

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?