トップページ > 子育て > 手当・助成 > 【令和4年度】低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)について(全国一律)

更新日:2022年6月24日

ここから本文です。

【令和4年度】低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)について(全国一律)

国の「コロナ禍における「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」」として、低所得の子育て世帯に対する給付金が支給されることになりました。

ひとり親世帯で既にこの給付金を支給された方は対象外です。

ひとり親世帯分の給付金制度については下記ページをご覧ください。
【令和4年度】低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)について(全国一律)

対象者及び支給額

平成16年(2004年)4月2日(特別児童扶養手当受給中の障害児の場合は平成14年(2002年)4月2日)から令和5年(2023年)2月28日までに出生した児童を養育し、下記のいずれかに該当する方には、対象児童1人につき5万円を支給します。

※注釈 複数の対象に該当した場合でも、給付は児童1人につき1回です。

1 令和4年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で令和4年度分の住民税均等割が非課税となっている方

申請は不要です。

令和4年度3月31日時点の情報をもとに支給します。

※注釈1 公務員で児童手当を受給されている方は申請が必要です。詳しくは、ご自身の所属庁にご確認ください。
※注釈2 令和4年1月1日時点で区外在住だった方は、所得の確認に時間が必要なため、支給が遅れます。ご了承ください。

2 令和4年5月から令和5年3月分までの新規児童手当または新規特別児童扶養手当の受給者で、令和4年度住民税均等割が非課税である方

申請は不要です。

各手当の認定時点の情報をもとに支給します。
支給日については決まり次第ホームページに掲載します。

※注釈1 公務員で児童手当を受給されている方は申請が必要です。詳しくは、ご自身の所属庁にご確認ください。
※注釈2 令和4年1月1日時点で区外在住だった方は、所得の確認に時間が必要なため、支給が遅れます。ご了承ください。

3 主たる生計維持者(収入・所得が高い方)の令和4年度住民税均等割が非課税で、児童手当または特別児童扶養手当を受給していない対象児童(中学修了~18歳年度末児童)の養育者

申請が必要です。

令和4年3月31日時点の情報をもとに、申請後1~2カ月後に支給します。

※注釈1 荒川区で児童手当受給中の弟・妹がいる場合は、弟・妹分と合わせて支給するため、申請は不要です。ただし、対象児童の中で荒川区に届出がない場合は申請が必要となる場合があります。
※注釈2 令和4年1月1日時点で区外在住だった方は、所得の確認に時間が必要なため、支給が遅れます。ご了承ください。

申請書および記入見本(PDF:463KB)

必要書類

  • 申請書
  • 申請者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証等のコピー)
  • 申請者の振込先口座の確認書類(通帳・キャッシュカードのコピー)

※注釈1 養育状況によっては、このほかに住民票や戸籍謄本が必要となる場合があります。
※注釈2 最終的に支給対象となるかは、審査後でないと確定しません。

4 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和4年1月以降の収入が令和4年度住民税均等割が非課税の方と同じ水準となっている方

申請が必要です。

申請時点の情報をもとに、申請後1~2カ月後に支給します。

必要書類

  • 申請書
  • 収入見込額の申立書
  • 所得見込額の申立書(収入見込額にて要件を満たせなかった場合のみ)
  • 申請者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証等のコピー)
  • 収入を証明する書類(給与明細・帳簿・年金支給通知書等)
  • 申請者の振込先口座の確認書類(通帳・キャッシュカードのコピー)

※注釈 養育状況によっては、このほかに住民票や戸籍謄本が必要となる場合があります。

非課税相当収入額イメージ(例:父・母・子2人の場合)

(1)申請者・配偶者等の令和4年1月以降の任意の月(それぞれ同じ月)の収入額を算出(申請時は給与明細書のコピーが必要)
  • 父 令和4年2月分の収入21万
  • 母 令和4年2月分の収入10万
(2)上記(1)で算出した収入額×12か月をし、それぞれ年間収入見込額を算出
  • 父 令和4年2月分の収入21万×12か月=年間収入見込額252万円(A)
  • 母 令和4年2月分の収入10万×12か月=年間収入見込額120万円(B)
(3)主たる生計維持者(収入・所得の高い方)を特定

父 年間収入見込額252万円(A)>母 年間収入見込額120万(B)

となるため、当ケースでは父を主たる生計者維持者=申請者とする。

(4)下表「非課税相当収入限度額早見表」を確認し、非課税相当収入限度額を特定
非課税相当収入限度額早見表
世帯人数 限度額
2人【例】父(母)・子1人 156万円
3人【例】父・母・子1人 205.7万円
4人【例】父・母・子2人 255.7万円
5人【例】父・母・子3人 305.万円
(5)申請者の年間収入見込額と、非課税相当収入額を比較

父 年間収入見込額252万円(A)<非課税相当収入限度額(世帯人4人 255.7万円)

となるため、当ケースでは「支給対象となり得る」と推定される。

※注釈1 申請者の年間収入見込額>非課税相当収入限度額の場合は対象外となりますが、所得見込額の要件により該当する場合は支給対象となり得る場合があります。

※注釈2 最終的に支給対象となるかは、審査後でないと確定しません。

申請方法

各申請書に必要書類を添付の上、窓口又は郵送にて下記担当までご提出ください。

※注釈1 必要に応じて追加で書類の提出を依頼する場合があります。ご了承ください。

※注釈2 窓口での申請も可能です。待ち時間が発生することをご了承ください。

※注釈3 令和4年度の課税申告が未申告の方の受付はできません。申請前に必ず申告を行ってください。

※注釈4 DV避難者の方はご相談ください。

申請期間

令和4年6月24日(金曜)から令和5年2月28日(火曜)まで(消印有効)

申請受付窓口

子ども家庭部子育て支援課子育て給付係
〒116-8501 荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階 給付金臨時窓口(2階17番窓口奥))
※注釈 水曜夜間の延長窓口、日曜日は受付できません。

問合わせについて

制度について

厚生労働省 コールセンター
電話番号:0120-400-903
受付時間:平日 9時00分~18時00分
厚生労働省ホームページ 令和4年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(外部サイトへリンク)

手続きについて

荒川区子ども家庭部子育て支援課 給付金コールセンター
電話番号:03-3802-3342
受付時間:平日 8時30分~17時15分

「子育て世帯生活支援特別給付金」を装った詐欺にご注意ください

区が給付金支給のために、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは、絶対にありません。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

子ども家庭部子育て支援課

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号

子ども家庭部子育て支援課子育て給付金
〒116-8501 荒川区荒川二丁目2番3号
電話番号:03-3802-4832
ファクス:03-3802-4919

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。