トップページ > 子育て > 家庭に関する相談 > 子育て体験記 > 【子育て体験記】子育て支援にたすけられて

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

【子育て体験記】子育て支援にたすけられて

私は、子供が4か月の時に荒川区に引っ越してきました。当初は土地勘もなく、知り合いもいない、実家も遠方で夫も仕事の都合上協力を得られるのは週1日のみと、ほぼ子供と二人きりの時間を過ごしていました。
子供の夜泣きもひどく、寝不足も続いて精神的に追い詰められていました。そんな折、4か月健診があり、保健師さんからいろいろな子育て支援を紹介していただきました。
しかし、まったく知り合いがいなかったのと当時は育児に心身共に疲れていて外出するエネルギーすらなく、なかなか一歩を踏み出せずにいました。そんな時、担当の保健師さんから電話があり、ふれあい館の身長体重測定(リンク先のページは掲載を終了しました)に誘っていただきました。子育て相談もあって、担当の保健師さんもいらっしゃるということで思い切って出かけてみました。
出かけてみると、同じような悩みを持ったお母さんたちがたくさんいて、自然に話が弾み、そこで親しく付き合えるママ友達ができました。今思えばあの時、背中を押してくれた保健師さんに感謝しています。
それから、思い切っていろいろな所に出かけて行くようになりました。ふれあい館の乳幼児活動や子育て交流サロンは、子供が1歳を過ぎるまで毎日のように利用しました。特に子育て交流サロンはいつもスタッフの方がいてくれるので、一人で行っても声かけをしてくれ、知り合いのママがいなくてもその場にいる皆で自然に話が弾んだり、また、子育ての悩みや不安に思っていることなどちょっとしたことでも気軽に聞くことができて、とても救われました。

それでも、ほぼ一人での子育てにストレスが溜まり、すぐに体調を崩してしまうなど苦しい状態が続きました。そこで、月に数日は一時保育を利用してリフレッシュをすることにしました。最初は泣いている子供を預けることに抵抗と罪悪感がありましたが、預けている間子供のことを離れた視点からみることができたり、迎えに行ったとき、自分の気持ちが切り替えられて子供に接することができたので、お互いのためにも良いことだと思うようになりました。
荒川区の子育て支援は充実していると思うので、もし家で退屈しているお母さんがいたら是非利用して欲しいなと思います。

平成25年度 子育て支援モニター S.K(南千住)


南千住七丁目保育園子育て交流サロン


南千住ふれあい館


外で水遊びもできるようになりました

関連リンク

※区の関連ホームページ以外の外部リンクは別窓で開きます。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

子ども家庭部子育て支援課管理調整係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:3811)

ファクス:03-3802-4919

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?