トップページ > 子育て > 家庭に関する相談 > 子育て体験記 > 【子育て体験記】町内会の防災訓練に行ってきました

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

【子育て体験記】町内会の防災訓練に行ってきました

先日、町内会の防災訓練に参加してきました。「防災訓練」と聞くと、面倒くさくてつまらないと思いがちですが、参加してみたら想像とは違い、とても充実した時間でした。
初めにチェックカードが配られ、6つの項目があり参加したらサインをしてもらう形式になっていました。
小学生の長男は普段目にする事も珍しいはしご車に乗せてもらいました。乗る際には、ヘルメットをかぶり、命綱をつけてもらいました。地上10mまで登り戻ってきた時には、「すごいんだよ!」と大興奮でした。次に、消防車の運転席に3歳と1歳の娘たちが乗せてもらいました。家の車とは違う高い座席に座り、ハンドルを握った娘は終始ニコニコでした。また消火器ではない消防自動車の大きなホースを持ち、水が発射した時の長女の驚きの表情は可愛くてたまりませんでした。
皆さんは知っていますか、ホースの水は下水からだという事を・・・。小学生達はその事に感動していました。そして、定番の地震を体験できる車では震度7まで体験でき、子どもたちはびっくりしながらも、笑いが止まらない様子でした。でも私と主人は立つことも出来ず、ただ机の下にもぐる事が精一杯で、恐怖感を体験しました。心臓マッサージでは、とても丁寧に教えてもらいました。たった30回やっただけなのに腕が疲れてしまい、もし本当に自分の大切な人に心臓マッサージをしなければいけない時、何回すれば・・・と、ふと考えてしまいました。また、消火器の使い方、災害時の電話の仕方を教えてもらいとても勉強になりました。頭ではこんな感じだと理解しているつもりだったのですが、実際体験してみると自分が何も出来ず、何も知らない事を思い知らされました。
訓練の後には、災害の時に頂けるアルファ化米が配られました。アルファ化米はお湯を入れるだけで炊き立てのようなふっくらご飯になるものです。頂いたものは五目ご飯で味もしっかりしていて、子どもたちは喜んで食べていました。また、町内会の方が作ってくれた美味しく温かい豚汁や、つきたてのお餅、なかなか我が家ではつきたてのやわらかいお餅を食べる機会がないのでペロリとすべて完食しました。そして、カンパンや飲料も頂き思いがけずに太陽の下でとても美味しい昼食を食べることが出来ました。
昼食後には抽選会がありました。景品には災害時に役立つ、懐中電灯、ラジオ他がありました。なんと1等賞は自転車でしたが、我が家はハンドソープを頂きました。
すべての訓練に子どもも大人も参加でき、家族で楽しむことができました。また、改めて防災訓練の大切さを知る事ができました。家族5人で行き、アクティブに楽しめて、それでいて勉強にもなりお昼ご飯も頂きお土産も頂き、こんなお得な事はない・・・(笑)来年も必ず参加しようと私は帰り道、思いました。皆さんも是非参加してみてください。

平成25年度 子育て支援モニター F.C(町屋)


消防自動車の運転席で1歳の娘


地震車を体験中の小学生の息子


ホースを手に持つ3歳の娘


美味しいお昼ごはん中

関連リンク

※区の関連ホームページ以外の外部リンクは別窓で開きます。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

子ども家庭部子育て支援課管理調整係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:3811)

ファクス:03-3802-4919

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?