トップページ > 子育て > 家庭に関する相談 > 子育て体験記 > 【子育て体験記】ぼくとパパ。時々母さん

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

【子育て体験記】ぼくとパパ。時々母さん

ぼくはもうすぐ2歳。
パパが大好きなんだ!

「お母さん」より先に「パパ」って呼んだよ!
朝、母さんとパパに行ってらっしゃいをする。パパがお仕事に行ってしまうのはさみしいけど、お仕事に行くパパはかっこいい。
パパの帰りの玄関の音、ぼくは誰よりも先に聞いて、パパの「ただいま」より先に「パパーー」って言うよ。パパが帰ってくるとすっごく嬉しい。ご飯をいっぱい食べてパパより大きくなるぞー!

お休みの日はパパと公園に行ったり、夏には海に行ったり、山に行ったりするよ。パパは地元だから、自分が小さい頃遊んでいた公園を覚えていて、いろんなところに連れていってくれるよ。

ぼくにいろんな経験をさせてくれるんだ。ボール投げも、投げ方を教えてもらったから遠くに飛ばせるようになったよ。かけっこも転んでばかりいたけど手を振って走れるようになったよ。滑り台で滑るスピード感も教えてもらった。今では滑り台をいろんな格好で滑れるようになったよ。。
カエルを一緒に観察して、ぴょんぴょん跳ぶカエルのまねを二人でしたよ!

夜寝るときに、絵本を読んでくれるよ。お気に入りは、赤いばすくんの絵本。パパが読むとオリジナルストーリになるからおもしろいんだ。

ぼくのお風呂は赤ちゃんのころからパパが担当。大きな手だから包まれているようでとっても安心できたよ。
一緒のお風呂に入るようになってからは、シャンプーで髪形を変えてみたり、ぷかぷかと浮く練習したり、10数えてから出たりしているよ。

毎日、パパと遊んでる。母さんも一緒に遊んでる。「パパ」「母さん」って呼ぶと二人がいて、笑ってる。まん中にぼくがいて、ぼくも笑ってる。ぼくにとってはそれが嬉しいんだ。

もうすぐ2歳の息子は、心も体も成長中!
いろんな知恵がついてきたので、一番大きなリンゴは自分に、中くらいはパパに小さいのは私にくれます。いたずらを隠れてしたり、泣きながら薄目を開けてこちらをうかがったりしています。
我々も親になってまだ2歳。いろんなことがあります。泣いて笑っていっぱい遊んで、共に歩んでいきたいと思います。

平成25年度 子育て支援モニター S.N(南千住)


公園にて ぼくとパパ。時々母さん


夏の思い出 はじめての海


お気に入りの絵本 楽しいから眠くないよ


上野の森美術館にて パパと芸術にふれる秋

関連リンク

※区の関連ホームページ以外の外部リンクは別窓で開きます。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

子ども家庭部子育て支援課管理調整係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:3811)

ファクス:03-3802-4919

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?