トップページ > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス(COVID-19) > 荒川区新型コロナウイルス感染症対策本部の設置について

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

荒川区新型コロナウイルス感染症対策本部の設置について

中華人民共和国湖北省武漢市で、2019年12月以降、新型コロナウイルスに関連した肺炎患者が発生しており、現在、日本を含む世界中で患者が報告されています。国内では2020年2月1日に新型コロナウイルス感染症が指定感染症に指定されました。

(参考)コロナウイルスについて
人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群ころなコロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまるとされています。

対策本部の設置について

区では、2020年1月31日(金曜)、「荒川区新型インフルエンザ等対策行動計画」に準拠し、「荒川区新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置したところですが、今般、国及び東京都においても特措法に基づく新型コロナウイルス感染症対策本部が設置されたことに伴い、区においても、3月27日(金曜)、同法に基づく対策本部と位置付けました。

関連情報リンクまとめ

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部保健予防課

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(代表)

ファクス:03-3807-1504

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?