ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の療養期間

厚生労働省で定める療養終了の基準は以下のとおりです。

以下の基準を満たせば、陰性確認はせず以前の生活にお戻りいただけます。
入院・宿泊療養の場合も療養終了の基準については同様ですが、施設担当者の指示に従ってください。

症状がある方の場合

発症日から7日間経過していること、かつ、解熱剤を使わずに解熱しており、咳等の呼吸器症状が改善傾向(※)になってから24時間経過していること。

※症状が無くなることではありません。

ただし、10日間を経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温などのご自身による体調確認を行っていただくことと、高齢者等のハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避け、マスクの着用等の自主的な感染予防行動を徹底してください。

 

例1 症状があり発症から6日以内に症状軽快の場合 ⇒ 発症から7日間で療養終了

例1

 

例2 症状があり発症から7日以降に症状軽快の場合 ⇒ 発症から8日間で療養終了

例2

症状がない方(無症状)の場合

以下のいずれかに該当する場合は療養解除になります。

  1. 検体採取日から7日間経過していること(8日目に解除)
  2. 検体採取日から5日目に検査キットによる検査で陰性を確認(6日目に解除)
  3. 検体採取日から6日目の検査で陰性を確認(同日・6日目に解除)

ただし、7日間を経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温などのご自身による体調確認を行っていただくことと、高齢者等のハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避け、マスクの着用等の自主的な感染予防行動を徹底してください。

 

例3 症状がない場合 ⇒ 検査日から7日間で療養終了

例3

 

例4 症状がない場合で5日目に検査をし検査結果が陰性だった場合 ⇒ 最初の検査から6日間で療養終了

例4

 

例5 症状がない場合で6日目に検査をし検査結果が陰性だった場合 ⇒ 同日(6日目)で療養終了

例5

 

例6 症状がない場合で5日目、6日目に検査をしたが検査結果が陽性だった場合 ⇒ 最初の検査から7日間で療養終了

例6

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部保健予防課感染症予防係

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:430)

ファクス:03-3807-1504

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?