更新日:2021年10月19日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症と診断された方・濃厚接触者の方へ

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

新たに診断された方には保健所から順次連絡を行っております。必ず連絡をいたしますので、お待ちいただくようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症におけるPCR検査などで陽性が判明した場合、医療機関から保健所に送付される「発生届」に基づき、連絡します。

詳しい流れは、以下のフローをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症と診断された方に係る対応フロー(PDF:20KB)

濃厚接触者となる同居家族へのPCR検査

区民の方が区内医療機関で陽性と診断された場合、濃厚接触者となる同居家族等についても保健所を介さず当該医療機関で即時にPCR検査を受けられます。
詳細は、検査を受けた区内医療機関へご確認ください。

入院・入所までの間、自宅で待機される方とその同居者の方へ

「自宅療養者向けハンドブック」をご覧ください。

ご自宅で過ごしていただく期間中に、安心して過ごしていただくため、そして、他の方へ感染させないために、ご自身が気をつけること、同居の方やご家族に知っていていただきたいことをまとめています。

ハンドブックの内容

  1. 新型コロナウイルス感染症と診断された方へ・同居の方へ
  2. 新型コロナウイルス感染症の特徴
  3. 自宅療養中の方は、これらのことを守って下さい
  4. 自宅での感染予防8つのポイント
    (1)部屋を分けましょう
    (2)感染者の世話をする人は、できるだけ限られた方にしましょう
    (3)感染者・同居者は、お互いにマスクをつけましょう
    (4)感染者・同居者は、小まめに手を洗いましょう
    (5)日中はできるだけ換気をしましょう
    (6)手のよく触れる共用部分をそうじ・消毒しましょう
    (7)汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう
    (8)ゴミは密閉して捨てましょう

「自宅療養者向けハンドブック」(東京都福祉保健局)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

抗体カクテル療法について

抗体カクテル療法とは、新型コロナウイルス感染症陽性者の重症化を防ぐことを目的とした点滴治療です。

詳細については、以下のサイトをご覧ください。

中和抗体薬による治療(抗体カクテル療法)(東京都福祉保健局)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

抗体カクテル療法のご案内(東京都作成)(PDF:394KB)

ホテル療養について

療養中の1日の流れや健康管理体制、宿泊療養施設の取組紹介などについては、以下のサイトをご覧ください。

「新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養について」(東京都福祉保健局)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

自宅療養中の支援について

新型コロナウイルス感染症の流行により感染者が増加し、入院やホテル療養が難しくなると、軽症の方にはやむを得ず自宅で療養を行っていただく場合があります。

新型コロナウイルス感染症にり患された方のうち、自宅で療養される方に向けて、以下の支援を行っています。

体調確認

療養期間中は、保健所からの電話連絡または【MY HER-SYS/マイハーシス】による体調確認を行っています。
保健所からの電話連絡に対し応答がなく、安否確認が取れない場合には、万が一の事態を考慮し、自宅まで訪問することがあります。
必要に応じて、警察及び消防と連携して訪問する場合があります。

パルスオキシメーターの貸与

パルスオキシメーターは、指先にはめて血液中の酸素飽和度を測り、数値によって健康状態を把握することができる測定器です。
保健所からの体調確認等に活用いただくため、パルスオキシメーターを貸出し、ご自宅まで郵送いたします。
パルスオキシメーター
数値が正確に出ない場合は、指先を温めたり、他の指に付け替えてみてください。

医師による救急相談

自宅療養中の容態急変に備え、24時間体制(土日祝日含む)で、医師による往診・処方・酸素投与等のサポートを行っています。

薬のお届け

解熱剤等の薬の希望があれば、区医師会と区薬剤師会との連携のもと、ご自宅までお届けしますので、お問い合わせ先へご連絡ください。

自宅療養に伴う食糧品・日用品のお届け

買い物等外出ができない自宅で療養される方に向けて、区の栄養士が監修した食糧品に加えて、ティッシュやマスク等の日用品をご自宅に配送(置き配)しています。
食糧品は、東京都が設置した「自宅療養者フォローアップセンター」または「荒川区保健所」より配送しています。荒川区保健所では残りの療養期間が3日以内の自宅療養者の方を対象に、配送業者からお届けします。
詳細は、体調確認等をさせていただく担当保健師にお尋ねください。

食料・日用品

支援セット例

 

  • 食料(レトルト食品・カップ麺・缶詰・野菜ジュース・スポーツドリンク・人気お菓子の詰め合わせ等)
  • 日用品(不織布マスク・手指消毒液・生理用品等)

※注釈1 内容は変更する場合があります。
※注釈2 アレルギーがある方は、原材料表示をご確認ください。

関連サイト

新型コロナウイルス感染症 自宅療養中の方へ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

濃厚接触者の方へ

陽性患者と最後に接触した日の翌日から起算して14日間は、1~5のように行動してください。

  1. 原則、指定された場所から14日間、不要不急の外出はできる限り控えて下さい。やむをえず外出する際は、マスクの着用と手指衛生などの感染予防策を行ったうえで短時間で済ませてください。
  2. 公共交通機関の使用は控えてください。(不特定多数が利用する電車、バス、タクシー、国内線の飛行機など)
  3. 毎日体温測定を行い、風邪症状の有無を確認してください。
  4. 症状が出たらかかりつけ医や同居の方が検査を受けた医療機関または保健所へ相談してください。
  5. ご家族等の身近でお過ごしになる方へ
    • こまめに手洗いを行ってください。
    • マスクを着用してください。
    • 十分な睡眠や栄養をとるようにしてください。
    • ご家族等で体調の悪い方が発生した場合、周囲の方もマスクを装着し接触する方を限定してください。

詳細は、以下のお知らせをご覧ください。

濃厚接触者の方へお知らせ(PDF:198KB)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部保健予防課感染症予防係

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:430)

ファクス:03-3807-1504

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。