トップページ > 妊娠・出産 > 助成・給付 > 加藤産婦人科医院の閉院に伴う新たな通院先での再検査費用の助成

更新日:2023年6月30日

ここから本文です。

加藤産婦人科医院の閉院に伴う新たな通院先での再検査費用の助成

区では、加藤産婦人科医院(以下「当該医院」という。)の閉院に伴い、次の通院先での妊婦健康診査(以下「妊婦健診」という。)において新たに発生する可能性がある再検査費用について、一部助成を実施します。

目的

当該医院の閉院によって通院先を変更せざるを得なくなった妊婦に対し、通院先の変更によって追加で生じる可能性のある費用を助成することで、その精神的負担を軽減するため。

助成対象者

以下の条件を全て満たす方

  1. 令和5年5月8日時点で当該医院にて妊婦健診の通院中の妊婦であること(令和5年5月8日以前の直近の妊婦健診受診先が当該医院であること)
  2. 妊婦健康診査受診票(1回目用)を使用済みであること
  3. 次の通院先での助成対象となる受診日において荒川区の区域内に住所を有する者であること

助成内容

当該医院から変更になった最初の通院先で実施する妊婦健診1回分(荒川区妊婦健康診査実施要綱(平成20年3月31日付け19荒健健第1616号)第6条第2項の表の初回の検査項目の欄に定める内容であるものに限る。)の費用の一部を助成します。

対象となる検査等

問診、体重・血圧測定、尿検査(糖、蛋白定性)、血液検査、血液型(ABO型・Rh(D)型)、貧血、血糖、不規則交代、HIV抗体、梅毒(梅毒血清反応検査)、B型肝炎(HBs抗原検査)、C型肝炎、風疹(風疹抗体価検査)(荒川区妊婦健康診査実施要綱(平成20年3月31日付け19荒健健第1616号)第6条第2項の表の初回の検査項目の欄に定める内容であるものに限る。)

ただし、以下の経費は対象となりませんのでご注意ください。

  1. 国外において受診した対象妊婦健診の経費
  2. 高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)第7条第1項に規定する医療保険各法による医療に関する給付の対象となる診療経費

参考

荒川区妊婦健康診査実施要綱

助成金額

10,880円(上限)

申請方法

必要書類を揃え、健康推進課窓口にお越しください。必要書類を確認のうえ、申請書をご記入いただきます。

※注釈 来庁が難しい場合は、郵送での申請もお受けします。郵送申請を希望される方は必ず事前にお問い合わせ下さい。

必要書類

  • 申請書兼請求書(健康推進課窓口で記入いただきます。郵送申請の場合は送付いたします。)
  • 母子健康手帳(表紙、妊婦健診の受診状況が分かる部分(8~10ページ))
  • 申請する受診分の領収書及び診療明細書(原本)
  • 申請する受診分の妊婦健診受診票の本人控え(使用されている方のみ)
  • 印鑑(朱肉で押すもの)
  • 振込口座を確認できるもの(キャッシュカード等)
  • その他区長が必要と認める書類

申請期限

令和6年3月29日(金曜)まで

※注釈 郵送申請の場合は必着となります。

注意事項

ご申請いただいてから助成決定、お振込みまでは約1か月ほどかかります。

参考

荒川区産院閉院に伴う再検査等の費用助成事業実施要綱(PDF:140KB)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部健康推進課健康推進係

〒116-8507荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:433)

ファクス:03-3806-0364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。