トップページ > 健康・医療・衛生 > 予防接種 > 令和2年度インフルエンザ予防接種について

更新日:2020年10月1日

ここから本文です。

令和2年度インフルエンザ予防接種について

今年は新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行が懸念されます。
インフルエンザワクチンがより必要な方々に確実に届くよう、接種時期についてご協力をお願いします。優先的な対象者の方で接種を希望される場合は、お早めに接種をお済ませください。
また、高齢者インフルエンザ予防接種事業において、令和2年度に限り、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、対象者の自己負担額を無料とします。対象の方には、9月25日(金曜)に予防接種を実施するときに必要な接種予診票を発送しております。

接種時期ご協力のお願い

  • 65歳以上の方(定期予防接種対象者)
  • 医療従事者
  • 基礎疾患を有する方
  • 妊婦
  • 生後6か月から小学2年生

上記に該当する方で、接種を希望される方は、次の日程での接種にご協力をお願いいたします。詳細は下記PDFをご覧ください。

厚生労働省リーフレット「季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い」(PDF:200KB)

※注釈1 お示しする日程はあくまで目安であり、この日程と前後しても接種を妨げるものではありません。
※注釈2 インフルエンザの予防接種は、対象者のうち希望する方に行い、義務付けられたり強制されたりするものではありません。ご本人の接種を受けたいという意思の確認が必要です。
※注釈3 ワクチン接種のため、医療機関等に行かれる際には、感染防止の3つの基本である「1.身体距離の確保」「2.マスクの着用」「3.手洗い」の徹底もお願いします。

10月1日から

  • 65歳以上の方(定期接種対象者)

※注釈 定期接種対象者には、60歳以上65歳未満の心臓・腎臓・呼吸器の機能またはヒト免疫ウイルスによる免疫機能の障がいがあり、障害者手帳1級または同程度の障がいがある方を含みます。

上記以外の方は、65歳以上の方が確実に接種できるよう、10月26日まで接種をお待ちください。

10月26日から

  • 医療従事者
  • 基礎疾患を有する方
  • 妊婦
  • 生後6か月から小学2年生の方

接種を希望される方はお早めに接種をお願いします。また、上記以外の方も接種できます。

高齢者インフルエンザ予防接種が無料になります(令和2年度限り)

お手元に届いた接種予診票に「2,500円」と印字されている場合でも、今年度は無料で接種できます。そのまま接種予診票を医療機関にお持ちください。
※注釈 公害健康被害被認定者は、後日荒川区保健所生活衛生課公害保健係(電話:03-3802-3111 内線424)に申請いただくことで、接種にかかった費用が払い戻されますので、一度2,500円を医療機関にお支払いください。

対象者

  1. 令和2年12月31日現在、65歳以上の方(昭和31年1月1日までに生まれた方)
  2. 令和2年12月31日現在、60歳以上65歳未満の方(昭和31年1月2日から昭和36年1月1日までに生まれた方)で、心臓・腎臓・呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がいがあり、障害者手帳1級または同程度の障がいがある方

実施期間

令和2年10月1日(木曜)から令和3年1月31日(日曜)まで

※注釈 実施期間中に60歳または、65歳の誕生日を迎える方は、誕生日の前日から接種できます(例:12月2日生まれの方は、12月1日から接種できます)。

接種方法

接種予診票および健康保険証等(住所・氏名・年齢が確認できるもの)を医療機関へお持ちください。

※注釈1 対象者2に該当する方は障害者手帳をお持ちください。
※注釈2 生活保護世帯の方及び中国残留邦人等支援給付世帯の方は、それを証明するもの(例:生活保護世帯票)をお持ちください。
※注釈3 公害健康被害被認定者の方は、公害医療手帳をお持ちください。
※注釈4 接種予診票が届いていない方や紛失してしまった方などは、郵送またはがん・予防健康づくりセンター2階で配付しますので、お問い合わせください。

接種場所

荒川区内協力医療機関または東京23区内の協力医療機関
荒川区内の協力医療機関については、下記のPDFをご覧ください。

令和2年度荒川区高齢者インフルエンザ予防接種 協力医療機関一覧(PDF:14KB)

※注釈1 荒川区以外の22区の協力医療機関については、直接接種を希望する医療機関または各区の予防接種担当部署へお問い合わせください。
※注釈2 医療機関によっては予約が必要な場合もありますので、あらかじめ電話等で問い合わせのうえ、接種を行ってください。
※注釈3 東京23区内の協力医療機関以外で接種する場合、接種費用は全額自己負担となりますが、事前にご相談いただくことで、万が一健康被害が起きた際に、定期接種としての補償を受けることが出来ます。詳しくは荒川区保健所健康推進課健康推進係(電話:03-3802-3111 内線:433)にご連絡ください。

予防接種予診票等転送(変更・停止)届について

住民登録されている住所以外に接種予診票の送付を希望される場合は、事前に転送の手続きが必要です。

転送手続きの流れ

荒川区保健所健康推進課健康推進係へ、「予防接種予診票等転送(変更・停止)届」をご提出ください。
転送届は、下記PDFからダウンロードしていただくか、ご連絡いただければ郵送またはファクスで送付します。ご記入いただいた転送届は、個人情報が含まれるため郵送で下記郵送先へお送りください。
その後、約1週間前後で区から転送希望先の住所へ接種予診票を郵送します。

予防接種予診票等転送(変更・停止)届(PDF:71KB)

郵送先

〒116-8507
東京都荒川区荒川二丁目11番1号
がん予防・健康づくりセンター内
荒川区保健所健康推進課 予防接種担当 宛

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部健康推進課健康推進係

〒116-8507荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:433)

ファクス:03-3806-0364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。