トップページ > 健康・医療・衛生 > 健康づくり > 食環境整備事業について

更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

食環境整備事業について

区民の健康づくりを支援するため、食環境整備事業を下記のとおり実施しています。

詳しくは、事業ごとの下記リンク先をご覧ください。

荒川区における食環境整備事業の全体像

栄養成分表示推進事業

栄養成分表示がわかる店

 栄養成分表示をしている区内のお店(小売店・飲食店)を「栄養成分表示がわかる店」として登録し、ステッカーを交付しています。栄養成分表示がわかる店を利用すれば、食品の栄養成分を簡単に確認できます。ご自分の健康管理にぜひご活用ください。詳細は下記リンクをご覧ください。

栄養成分表示がわかる店

あらかわ満点メニュー開発支援事業

 区内の飲食店でいつでも健康に配慮した食事がとれるような環境を整えようと、「あらかわ満点メニュー」を開発しています。
 あらかわ満点メニューは、区内飲食店と女子栄養大学短期大学部及び区が連携をして、「安くて、おいしくて、ヘルシー」をコンセプトにお店独自の味を生かしながら考案し、「荒川区食と健康のコンサルタント」である香川栄養学園学園長香川明夫氏の監修を受けています。各店舗それぞれの特色を生かしたあらかわ満点メニューを、ぜひ味わってください。詳細は下記リンクをご覧ください。

あらかわ満点メニュー

栄養成分表示を活用して健康づくりに役立てましょう

 食品表示法の施行に基づき、原則として、消費者向けの加工食品等への栄養成分表示が義務付けられました。
 栄養成分表示は、健康で栄養バランスがとれた食生活をすることの重要性を消費者自らが意識し、商品の選択に役立てることで、適切な食生活を実践するきっかけとなる効果が期待されています。食事のバランスが気になる方や塩分を控えたい方などに向けて、栄養成分表示の活用方法を紹介しています。詳細は下記リンクをご覧ください。

栄養成分表示を活用して健康づくりに役立てましょう

特定給食施設(入院・入所等の施設の食事を利用する場合)

 健康増進法(平成14年法律第103号)第18条第1項第2号及び第22条、第24条に基づいて、特定給食施設(特定多数人を対象に、継続して1回100食以上または1日250食以上)とその他の給食施設(1回100食未満または1日250食未満)に対して、適切な給食が実施されるよう指導・助言を行っています。また、給食施設における栄養管理や給食業務の改善と向上を図るため特定給食施設栄養士講習会等を実施しています。

下記の施設を対象に、栄養管理に関する指導・助言等を行っています。
施設種類:病院、介護老人保健施設、老人福祉施設、児童福祉施設、事業所、寄宿舎、その他

詳細は下記リンクをご覧ください。

特定給食施設の各種届出について

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部健康推進課栄養担当

〒116-8507荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:423)

ファクス:03-3806-0364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?