更新日:2022年8月17日

ここから本文です。

新型コロナワクチンの3回目・4回目接種にご協力をお願いします

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続いています。感染拡大を防ぐためには、ワクチン接種が有効です。
現在主流となっている「オミクロン株」は比較的重症化しにくいと言われていますが、若い世代の方でも入院が必要なほど重症化したり、後遺症が残ったりする場合があります。さらなる感染拡大を防ぐために、感染予防策の徹底とともに、ワクチン接種へのご協力をお願いします。

〇新型コロナワクチン接種の効果について

【新型コロナワクチンの効果(発症予防、持続期間等)】
日本で接種が行われている新型コロナワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症を予防する高い効果があり、また、感染や重症化を予防する効果も確認されています。時間の経過とともに感染予防効果や発症予防効果が徐々に低下する可能性はありますが、重症化予防効果は比較的高く保たれていると報告されています。

【オミクロン株に対する追加(3・4回目)接種の効果】
オミクロン株に対する初回(1回目・2回目)接種による感染予防効果や発症予防効果は、デルタ株と比較して低下するものの、3回目接種により一時的に回復することが示唆されています。入院予防効果も、デルタ株と比較すると一定程度の低下はありますが、発症予防効果と比較すると保たれており、3回目接種で回復することが報告されています。
また、ファイザー社ワクチンは、オミクロン株流行下において、3回目接種と比較した4回目接種の感染予防効果は、60歳以上の者において短期間しか持続しなかった一方、重症化予防効果は4回目接種後6週間低下しなかったとする報告や、接種後30日間で、感染予防効果が45%、発症予防効果が55%、入院予防効果が68%、重症化予防効果が62%、死亡予防効果が74%であったとする報告、60歳から100歳の者において、死亡、入院のハザード比がそれぞれ78%、64%減少したとの報告等があります。

その他の新型コロナワクチン接種の効果などについては、以下の関連リンクからご確認ください。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

荒川区新型コロナワクチン相談センター
電話番号:0800-666-7777
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
※土曜・日曜・祝日等を含む

聴覚に障がいがある方のワクチン接種に関するご相談
ファックス:0120-400-084
(耳の聞こえない方・聞こえづらい方の相談のみの受付)

ファックスを頂いてから、翌営業日以降のご連絡(ご返信)となります。
接種予約は電話・オンラインのみ受け付けております。
なお、インターネットが使えない方はファックスでその旨をご相談ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?