トップページ > ペット・動物 > 猫に関する情報 > 地域のノラ猫対策を支援します

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

地域のノラ猫対策を支援します

荒川区猫の屋外での活動の適正管理等に係る地域活動の支援制度

屋外の猫による、ふん尿や鳴き声などで困っている人が増えています。猫は繁殖力に富む動物で1回の交尾でほぼ100%、2から8匹の子猫を生み、1年に2回、出産が可能です。さらに生まれたばかりの子猫も10ヶ月後には出産が可能になります。計算上では1匹のメス猫が1年後には20匹以上の子猫・孫猫をもつことになります。

猫は愛護動物であるため、処分を目的とした捕獲はできません。餌を絶っても繁殖能力は損なわれません。屋外の猫を増やさないためには、不妊・去勢手術による繁殖抑制が確実な方法です。また、飼い猫についても、屋内飼養などの理解を深めていただくことが重要です。

屋外の猫問題の解決に取り組もうとする地域の方々は、区に申請をしてください。一定の要件を審査の上、荒川区に登録された団体に、不妊・去勢費用の助成を始めとする支援を行っています。

登録団体の要件

  • 区内に在住、在勤又は在学している者であること
  • 上記の中で、構成員の代表者は満二十歳以上の者であること
  • 区内の一定地域で活動していること
  • 屋外の猫問題解決の活動に努めること(繁殖抑制や新たな飼い主探しなど)
  • 地域住民の理解が得られるような活動であること
  • 適正管理活動等の実施状況を区に報告すること

支援の内容

  • 飼い主のいない猫の不妊・去勢処置に要する費用の助成
    • メス猫 1万7千円(妊娠中 2万5千円)
    • オス猫 1万円
    • 麻酔のみ 5千円(麻酔を実施後、手術済みが判明し、手術しなかった場合)
  • 不妊・去勢手術受診のための捕獲器の貸し出し
  • 適正管理活動等についての情報提供、助言等
  • その他、区長が必要と認める支援

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部生活衛生課管理係

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:422)

ファクス:03-3806-2976

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?