トップページ > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス(COVID-19) > 【申請受付開始】荒川区医療従事者宿泊費・交通費助成金について

更新日:2020年9月23日

ここから本文です。

【申請受付開始】荒川区医療従事者宿泊費・交通費助成金について

新型コロナウイルス感染症患者等の診察や治療等に携わる医療従事者を支援するため、深夜勤務等を理由として宿泊施設等を利用した場合に係る費用を助成します。

制度のチラシ(PDF:49KB)(別ウィンドウで開きます)

交付対象者と対象経費

区内の医療機関(※注釈1)に勤務する医療従事者の方のうち、新型コロナウイルス感染症に感染するおそれのある業務に従事しており、以下の要件のいずれかに適合すると勤務先の医療機関が認めた方が申請できます。

要件別の対象経費
要件 交付の対象経費
感染予防の観点から、家族等と安全な距離を確保するために宿泊した方 ・宿泊費(※注釈2)
・交通費(医療機関と宿泊施設との間の移動に要した運賃及び料金)
勤務が深夜に及び、速やかな休息が必要な方
勤務が深夜に及び、公共交通機関の運行終了後にタクシーで帰宅した方 ・交通費(タクシーの運賃及び料金)

※注釈1 医療機関とは、医療法第5条で定義する病院及び診療所で、「医師」が「医業」を行う場所を要件としています。

※注釈2 宿泊費に含まれる諸経費や食事代を含みます。宿泊費に含まれない諸経費や食事代(宿泊費と別に自分で食事を注文・用意した場合)等は対象外です。

※注釈3 宿泊施設は荒川区内及び隣接する自治体(足立区、台東区、北区、文京区、墨田区)の宿泊施設とします。

交付額

対象経費別の交付額
交付の対象経費 交付額
宿泊費 実支出額と、宿泊数に12,000円を乗じて得た額とを比較して、いずれか少ない額
医療機関と宿泊施設との間の移動に要した交通費

実支出額

医療機関から自宅までの移動にタクシーを利用したときのタクシーの運賃及び料金

実支出額

対象期間

令和2年4月1日以降分から申請できます。

申請に必要な書類

提出方法 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、できるかぎり郵送により申請してください。

なお、令和2年12月末までの期間限定で、郵送料負担がない「料金受取人払封筒」をご利用いただけます。

詳細は、できるかぎりホームページや郵送等で行える手続きをご利用くださいをご覧ください。

(送付先)〒116-8502 東京都荒川区荒川2-11-1 荒川区保健所生活衛生課管理係(宿泊費・交通費助成金担当) 宛

交付時期

毎月1日から15日までに受け付けた申請は、当月の月末を目途に支払います。16日から月末までに受け付けた申請は、翌月15日を目途に支払います。なお、郵送による申請の場合、受付日は書類の到着日とします。

税務上の取り扱い

所得税について、雑所得として確定申告の対象となります。

※ 確定申告の手続きは、荒川税務署(03-3893-0151)にお問い合わせください。

よくあるご質問

ご不明な点がありましたら、ご参照ください。

荒川区医療従事者宿泊費・交通費助成金交付事業Q&A(PDF:272KB)

関連資料

荒川区医療従事者宿泊費・交通費助成金交付要綱(PDF:162KB)

その他の新型コロナウイルス感染症に関する補助事業(リンク)

荒川区医療従事者医療特別給付金について(別ウィンドウで開きます)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部生活衛生課

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(代表)

ファクス:03-3806-2976

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。