トップページ > イベント情報 > 「街なか声かけ講習会」~『徘徊』を『さんぽ』に変える街づくり~

更新日:2022年9月1日

ここから本文です。

「街なか声かけ講習会」~『徘徊』を『さんぽ』に変える街づくり~

「外出中に、行き先や目的がわからなくなる」「ゴミの分別や収集日が分からなくなる」など、認知機能の低下によって引き起こされる生活上の問題があっても、周囲の人たちの気づきと声かけがあれば、地域で安心して暮らすことができます。
認知症になっても、誰もが安心して外出や日常生活を楽しめる街づくりのため、私たちと一緒に「声かけ」を学んでみませんか。
(下部の「注意事項」をご確認の上、お申込みください。)

開催日

日付

  • 2022年10月22日(土曜日)

時間

午後1時30分から午後3時30分まで(午後1時10分受付開始)
※注釈 新型コロナウィルスの感染状況により、延期・中止になる場合がございます

場所

東尾久本町通りふれあい館 3階 多目的室
(荒川区東尾久二丁目37番14号)
※注釈 声かけ体験は、本町通児童遊園にて実施

ホームページ

「街なか声かけ講習会」のページ

対象者

区内在住・在勤・在学の方、関心のある方
※注釈 小学生以下の方は、保護者の方と一緒にお申込みください

出演者(講師)

下垣光(しもがきひかる)氏
日本社会事業大学 社会福祉学部 教授

定員

20名(申込み順)

費用

無料

持ち物

筆記用具

申し込み

西尾久地域包括支援センター(元気かい事務局)へ、お電話でお申込みください。
電話:03-3893-3555

主催

尾久キャラバン・メイト「元気かい」

共催

荒川区/荒川区社会福祉協議会/東京ふれあい医療生活協同組合/NPO法人ワーカーズコープ

尾久キャラバン・メイト「元気かい」とは

認知症キャラバン・メイトは、地域で暮らす認知症の方やその家族を理解し支援する「認知症サポーター」を養成する講座の講師となり、認知症になっても安心して暮らせる街づくりの活動を行っています。
「元気かい」は、尾久地域の「認知症キャラバン・メイト」の会です。

備考・注意事項

・当日お出かけ前に、ご自宅で検温と体調確認をお願いします。咳、喉の痛み、だるさ、息苦しさ、発熱(目安は37.5度以上または平熱より1度以上高い)等の症状がある場合は、参加を見合わせてください。
・マスクを着用してご参加ください。
・次のものをご持参ください。1.飲み物(水分補給のため) 2.ハンカチ(手洗い用) 3.筆記用具 4.ビニール袋(ゴミは各自お持ち帰りいただきます)
・会場では、こまめな手洗い又は手指の消毒をお願いします。
・感染者発生時の迅速な対応のため、申込時に伺ったお名前や連絡先の個人情報を会場施設及び保健所等の関係機関に提供する場合があります。また、中止の場合に郵送の必要がある時に区が保有する住民票等の個人情報と照合し確認することがあります。予めご了承ください。
・安心してご参加いただけるよう、受付での体調確認、会場内の消毒、換気等の感染症対策を行います。
・皆様のご理解とご協力のほど、お願いいたします。

お問い合わせ

福祉部高齢者福祉課介護予防事業係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2666)

ファクス:03-3802-3123

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。