トップページ > 構想・計画 > 暮らし > ごみ・リサイクル > 荒川区一般廃棄物処理基本計画(平成24年度から平成33年度)を新たに策定しました

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

荒川区一般廃棄物処理基本計画(平成24年度から平成33年度)を新たに策定しました

区では、平成24年度から33年度までの10年間を計画期間とする「荒川区一般廃棄物処理基本計画」を新たに策定しました。
本計画は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)第6条第1項の規定に基づく「一般廃棄物処理基本計画」のうち、長期的な視点に立った区における一般廃棄物処理の基本的事項を定めた計画です。

この計画により、コミュニティのつながりを生かした荒川区らしい循環型地域社会づくりを目指します。

【検討の経過】

荒川区清掃審議会での答申を踏まえた計画素案に対して、平成24年2月11日から2月27日までの期間にパブリックコメントを実施しました。47名の方から計131件のご意見をお寄せいただき、検討の参考とさせていただきました。ご意見をお寄せいただきました方々にお礼申し上げます。

パブリックコメントでのご意見と区の考え方等につきましては、以下の関連リンク先からご覧いただけます。

計画の概要

基本理念

環境区民による質の高い循環型社会の構築

環境区民とは、環境基本計画において「まちのつながり」と「大切にするこころ」を併せ持ち、実践する主体である区民・事業者・区(行政)全体を、環境を支える区民として位置づけ、「環境区民」という総称で表現したものです。

計画の目標

計画の目標の内容

基本方針及び施策の方向性

【基本方針1】環境区民による協働の推進

  • 施策1 きめ細やかな普及啓発
  • 施策2 分かりやすさに重点をおいた情報発信(荒川区の現状についての「見える化」の推進)
  • 施策3 未来につながる環境教育・環境学習

【基本方針2】Rの充実によるごみ減量の推進

  • 施策1 出来る限りごみを発生させない生活への転換(リデュース(発生抑制)の更なる推進)
  • 施策2 ものを大切に長く使うことへの価値観の醸成(リユース(再使用)の更なる推進)
  • 施策3 出来る限りごみを排出しないための仕組みづくり(リサイクルの更なる推進)

【基本方針3】適正処理の推進

  • 施策1 効率的で環境にもやさしいごみ収集・運搬体制の推進
  • 施策2 地域による見守りが必要な方々への配慮
  • 施策3 環境区民としての責務(適正排出の徹底を目指して)

関連PDFファイル

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

環境清掃部清掃リサイクル推進課管理計画係

〒116-0001荒川区町屋五丁目19番1号

電話番号:03-5692-6690

ファクス:03-3895-4133

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。