トップページ > 事業者向け情報 > 登録・申請・手続き等 > 工場・指定作業場等 > 騒音規制法・振動規制法に関する届出について

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

騒音規制法・振動規制法に関する届出について

騒音規制法及び振動規制法において、騒音や振動を発生する機械設備の事を「特定施設」と定めています。
特定施設を有する工場は特定工場と呼ばれ、特定工場を設置する者に対しては、各種の届出と規制基準を守る事が騒音規制法及び振動規制法によって義務付けられています。

騒音規制法の特定施設(法第2条、施行令第1条、別表第1)

  • 金属加工機械
    1. 圧延機械(原動機の定格出力の合計が22.5kw以上のものに限る。)
    2. 製管機械
    3. ベンディングマシン(ロール式のものであって原動機の定格出力が3.75kw以上のものに限る。)
    4. 液圧プレス(矯正プレスを除く。)
    5. 機械プレス(呼び加圧能力が294キロニュートン(30重量トン)以上のものに限る。)
    6. せん断機(原動機の定格出力が3.75kw以上のものに限る。)
    7. 鍛造機
    8. ワイヤーフォーミングマシン
    9. ブラスト(タンブラスト以外のものであって、密閉式のものを除く。)
    10. タンブラー
    11. 切断機(といしを用いるものに限る。)
  • 空気圧縮機及び送風機(原動機の定格出力が7.5kw以上のものに限る。)
  • 土石用又は鉱物用破砕機、磨砕機、ふるい及び分級機(原動機の定格出力が7.5kw以上のものに限る。)
  • 織機(原動機を用いるものに限る。)
  • 建設用資材製造機械
    1. コンクリートプラント(気ほうコンクリートプラントを除き、混練機の混練容量が0.45立方メートル以上のものに限る。)
    2. アスファルトプラント(混練機の混練重量が200kg以上のものに限る。)
  • 物用製粉機(ロール式のものであって、原動機の定格出力が7.5kw以上のものに限る。)
  • 木材加工機械
    1. ドラムバッカー
    2. チッパー(原動機の定格出力が2.25kw以上のものに限る。)
    3. 砕木機
    4. 帯のこ盤(製材用のものにあっては原動機の定格出力が15kw以上のもの、木工用のものにあっては原動機の定格出力が2.25kw以上のものに限る。)
    5. 丸のこ盤(帯のこ盤と同じ)
    6. かんな盤(原動機の定格出力が2.25kw以上のものに限る。)
  • 抄紙機
  • 印刷機械(原動機を用いるものに限る。)
  • 合成樹脂用射出成型機
  • 鋳型造型機(ジョルト式のものに限る。)

振動規制法の特定施設(法第2条、施行令第1条、別表第1)

  • 金属加工機械
    1. 液圧プレス(矯正プレスを除く。)
    2. 機械プレス
    3. せん断機(原動機の定格出力が1kw以上のものに限る。)
    4. 鍛造機
    5. ワイヤーフォーミングマシン(原動機の定格出力が37.5kW以上のものに限る。)
  • 圧縮機(原動機の定格出力が7.5kW以上のものに限る。)
  • 土石用又は鉱物用破砕機、磨砕機、ふるい及び分級機(原動機の定格出力が7.5kW以上のものに限る。)
  • 織機(原動機を用いるものに限る。)
  • コンクリートブロックマシン(原動機の定格出力の合計が2.95kW以上のものに限る。)並びにコンクリート管製造機械及びコンクリート柱製造機械(原動機の定格出力の合計が10kW以上のものに限る)
  • 木材加工機械
    1. ドラムバッカー
    2. チッパー(原動機の定格出力が2.2kW以上のものに限る。)
  • 印刷機械(原動機の定格出力が2.2kW以上のものに限る。)
  • ゴム練用又は合成樹脂練用のロール機(カレンダーロール機以外のもので原動機の定格出力が30kW以上のものに限る。)
  • 合成樹脂用射出成型機
  • 鋳型造型機(ジョルト式のものに限る。)

騒音規制法・振動規制法に関る申請書

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

環境清掃部環境課環境保全係

〒116-0002荒川区荒川一丁目53番20号

電話番号:03-3802-3111(内線:485)

ファクス:03-5811-6462

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。