トップページ > 施設案内 > 神社・寺院・文化財 > 南千住地域 > 橋本左内の墓旧套(さや)堂

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

橋本左内の墓旧套(さや)堂

橋本左内の墓旧套堂

桜と套堂

もともと回向院にあった「橋本左内の墓旧套堂」が荒川区に寄贈され、平成21年3月に荒川ふるさと文化館前に復元されました。
套堂(鞘堂と同意)とは、本体の建物などを保護するために、それを覆うように建てられるものです。この旧套堂は、昭和8年(1933)に橋本左内の墓を保護するために造られたもので、伝統的な建築の意匠と近代的工法との折衷を図った、近代仏教建築の例と言われています。幕末の安政の大獄で刑死した橋本左内(1834から1859)を追慕し、遺徳を広く発揚することを目的として明治35年に設立された景岳会によって建てられました。最近ではコンクリート造の仏教建築は珍しくありませんが、その最初期の現存例として、大変貴重なものです。

施設詳細

所在地

荒川区南千住六丁目63番1号

電話番号

03-3807-8234(荒川ふるさと文化館)

地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?