更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

二次被害に注意

被害回復をいたします勧誘

事例:過去に詐欺にあって損をしたが、その時の被害を回復すると電話があった

過去に一度未公開株を購入し、販売業者とも連絡が取れなくなり、多額の損害を受けた。先日、その時のお金を取り戻せると電話があり、別の会社への出資が条件と言われてお金を渡したが、その会社とも連絡が取れなくなった。

アドバイス

二次被害(注)は、特に高齢者の方の相談が多く発生しています。
過去の個人情報が悪用され、被害額を取り戻したいと望む消費者の心理につけ込んだ悪質な商法です。
訪問販売や電話勧誘で契約した場合、クーリング・オフ出来ますが、相手と連絡出来なければ効果がありません。
相手の話をう呑みにせず、おかしいと思ったら、きっぱりと断りましょう。

二次被害とは・・・

二次被害とは、一度消費者被害にあった人を再び勧誘し、二次的な損害を与えることです。区内でも二次被害が多く発生しています。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

産業経済部産業振興課消費生活センター

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)

電話番号:03-3802-3111(内線:477)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?