更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

最終審査結果

応募総数2,557点のデザイン画による一次審査を通過した40作品について、公開ファッションショー形式による最終審査を実施し、グランプリ(経済産業大臣賞)をはじめとする11作品を表彰しました。

受賞作品以外の入選作品

受賞作品

グランプリ(経済産業大臣賞)

太田 楓(おおた かえで)
万華鏡からインスピレーションされた作品です。万華鏡を覗くことにより映える美しい連続柄をベルベットでオリジナルのレーザーカットをし、華やかで特別感を出しました。大胆なフレアにする事により洋服に動きを加え、美しさを表現しました。

受賞作品1 受賞作品1のデザイン画

荒川区長賞

田中 夏芽(たなか なつめ)
日本人として親しみのある桜から着装しました。花言葉である優美な女性をイメージに上品で華やかな女性らしい服を提案します。服に対する想いが薄れてきた現代、オートクチュールの要素を取り入れ唯一無二の特別な一着を完成させます。

受賞作品2 受賞作品2のデザイン画

独立行政法人中小企業基盤整備機構理事長賞

森 加奈子(もり かなこ)
ニットの専門学校に入学して1年半、島精機コンピュータ編機、手横、手編み等学んだ技術を活かして製作しました。カラフルかつ様々な糸を使用し、華やかさを表現、ニットの特徴である機能性とテーマの市場性も兼ね備えたデザインに仕上げました。

受賞作品3 受賞作品3のデザイン画

東京都産業労働局長賞

石川 風音(いしかわ かのん)
フルニエの花形装飾活字という文字をオリジナルの柄にアレンジしプリントし、所々に刺しゅうを施し、立体感を出しました。活字をポップな柄にし、周りの枠組みをラインとして使用することでスポーティーなリアルクローズにデザインしました。

受賞作品4 受賞作品4のデザイン画

東京商工会議所荒川支部会長賞

水野 巧(みずの たくみ)
温故知新。古着を解体し、PVCと組み合わせ再構築することで、新しい服を作ります。

受賞作品5 受賞作品5のデザイン画

公益財団法人荒川区芸術文化振興財団理事長賞

佐久間 パウラ サリナ(さくま ぱうら さりな)
トレンチコートは万能なアイテムですが、真冬に着られるほどの保温力がありません。MA1とミックスさせることで市場性を意識した新しい感覚のコートに仕上げました。また、機能性を考慮し、中綿を入れることで保温力を高めました。

受賞作品6 受賞作品6のデザイン画

東京日暮里繊維卸協同組合理事長賞

田中 里沙(たなか りさ)
オリジナルでツィード生地を製作しました。PVCとデニムをメインに、今までにないフューチャリスティックなきらめくツィードのワンピースです。

受賞作品7 受賞作品7のデザイン画

蛇の目ミシン工業株式会社賞

友川 歩(ともかわ あゆみ)
アイヌ文様からインスピレーションを受け、デザイン刺しゅうでアイヌ文様をかっこよく取り入れた普段も特別なシーンでも自信が持てるシックでエレガントな洋服。

受賞作品8 受賞作品8のデザイン画

ブラザー販売株式会社賞

白井 美樹(しらい みき)
人の手と機械を複合的に使用し、生地に彫刻するかのような造形美と女性らしさを表現したタウンウェアを提案。

受賞作品9 受賞作品9のデザイン画

株式会社ベビーロック賞

成田 小梅(なりた こうめ)
来るべき未来、何を残し何を伝えていけるだろう。
人の手で作ることのできる美しさをオリジナルの柄をもちいて、刺繍でブティキルトを表現しました。

受賞作品10 受賞作品10のデザイン画

JUKI販売株式会社賞

小口 大輔(おぐち だいすけ)
トライバル柄の元となっているサモア族のタトゥーからインスピレーションを受けました。デザイン画を自分なりに解釈し、よりリアルストリートに馴染むようにあえてラフなTシャツにドレスを合わせることで表現しました。

受賞作品11 受賞作品11のデザイン画

審査委員

委員長

三宅 正彦(みやけ まさひこ)氏 一般社団法人 日本ファッション・ウィーク推進機構理事長

委員

  • 佐々木 聡(ささき あきら)氏 クリエイティブディレクター
  • 清水 護(しみず まもる)氏 デザイナー
  • 久光 美緒(ひさみつ みお)氏 デザイナー

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

産業経済部産業振興課商業振興係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)

電話番号:03-3802-3111(内線:468)

ファクス:03-3803-2333

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?