更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

その他入選作品

大竹 美代子(おおたけ みよこ)

エチオピアの「ダサネチ族」という民族の服を取り入れて、制作しました。彼らの衣文化の最大のポイントである毛皮の装飾を大胆に使用し、腰に布を巻いたレイヤードスタイルにしました。

 

入選作品1 入選作品1のデザイン画

片岡 里湖(かたおか りこ)

アフリカの民族衣装をコンセプトに、衣装の柄や独特なメイクの模様をオリジナルプリントで表現しました。オーガンジーを重ね、立体感を出し、にぎやかな感じを表現しました。

入選作品2 入選作品2のデザイン画

來本 美佐(らいもと みさ)

アフリカ系民族が身につける、鮮やかなアクセサリーやタトゥーからインスピレーションを受けてデザインしました。ウールや毛糸を使用し、温かいアウターを制作しました。

入選作品3 入選作品3のデザイン画

宮本 絵里香(みやもと えりか)

ヨーロッパのゲルマン人居住地域で行われる「イースター祭」を取り入れてデザインしました。祭で使われている、手書きでカラフルに描かれたイースターエッグを服におとし込み、リブやゴム紐を使い、スポーティさを表現しました。

入選作品4 入選作品4のデザイン画

梅原 理央磨(うめはら りおま)

ウクライナの「ヴェノク」という衣文化をイメージした柄をデニム生地にハンドペイントし、デニムジャケットとデニムパンツを作りました。

入選作品5 入選作品5のデザイン画

CHAN YING YAN(ちぇん いぇん やん)

スコットランドのタータンチェックを刺繍・ステッチなどで作り、一部をバイアスチェックにして、パッチワークのように仕上げたコートです。フードがスポーティーな雰囲気を出し、これ一枚で個性あるスタイルが完成します。

入選作品6 入選作品6のデザイン画

太田 三稜(おおた みくり)

アフリカ、サハラ砂漠で生きるトゥアレグ族をテーマにデザイン。トゥアレグ族の男性はブルーの鮮やかな衣服を身に纏い生活をしています。その衣服にシルエットの抑揚と伝統的なシルバージュエリーの柄を落とし込みスポーティなウィメンズウェアに仕上げました。

入選作品7 入選作品7のデザイン画

西村 卓晃(にしむら たかあき)

参考にした国はロシア以前のソビエト連邦。取り入れた衣文化はレイヴカルチャー・・・(80年後半から90年代にUKで生まれたアンダーグラウンドムーブメント・・・)個性を打ち出すこの文化を今の時代の人達に例えて、誰もが持つ良い部分も悪い部分も、この服を着ることによってその部分を個性としてつつみ隠さずに打ち出します。

入選作品8 入選作品8のデザイン画

五十嵐 彩夏(いからし あやか)

ガーナの民族衣装「ケンテ」の特徴である幾何学模様を組み合わせ、キルティングを用い表現しました。機能性や安全性を兼ね備えながら誰よりも派手で目立ち、そして勝利を祈願する・・・「レーシングスーツ」の提案です。

入選作品9 入選作品9のデザイン画

伊藤 つむぎ(いとう つむぎ)

西アフリカの民族衣装からインスパイアされ、一目見ただけでインパクトのある鮮やかな配色を取り入れました。ちょっぴり個性的で、スポーティな雰囲気に仕上げました。

入選作品10 入選作品10のデザイン画

李 暁テイ(り ぎょうてい)

深いスリットが入ったチャイナドレス・・・その衿とボタンのデザインを引用し、手刺繍とビーズで竹の柄を表現しました。中国の民族衣装が持つ意匠とその魅力を普段に着装できる様にデザインした服を提案します。

入選作品11 入選作品11のデザイン画

李 健拓(い ごんたく)

韓国の伝統的なドアの模様と伝統服をモチーフに現代風にアレンジし、日本の街にも馴染んで着れるように仕上げました。韓国の伝統服はボタンではなく紐を使っていることから秋の風を感じられる様に、袖は紐を使って開けました。

入選作品12 入選作品12のデザイン画

BATKHISHIG KHONGORZUL(ばとひしぐ ほんごるずる)

母国のモンゴルの放牧民族の衣装をイメージし、日本の文化を融合しました。自動横編機を使用して、ジャカード柄で「番傘」の模様を編み込み、その上から刺繍をして、立体的に仕上げました。

入選作品13 入選作品13のデザイン画

落合 佐映(おちあい さえ)

ネイティブアメリカンのオジブワ族からインスピレーションを受けました。ストライプや模様を編み物で表現し、アシンメトリーな現代服を提案します。

入選作品14 入選作品14のデザイン画

米津 香里(よねづ かおり)

メキシコの伝統的な刺繍とメキシコにある、ピンクの海、ピンクの建物を表現しました。着ていて楽しく幸せになれる洋服を提案します。

入選作品15 入選作品15のデザイン画

水野 巧(みずの たくみ)

ネイティブ・アメリカンの衣文化を取り入れました。アメリカ先住民に特有のチマヨ柄とフリンジをリアルクローズに落とし込みました。

入選作品16 入選作品16のデザイン画

西崎 勇大(にしざき ゆうた)

アメリカ、ウエスタン。古くから人々が持つカウボーイのイメージを彼らの仕事場である牧場で作業しやすいオーバーオールに落とし込みました。大きなポケットはピストルを入れるホルスターをイメージし、彼ららしさを無くさないようにしました。

入選作品17 入選作品17のデザイン画

安藤 優幾(あんどう ゆうき)

参考にした国名とその衣文化は、アメリカのカウボーイです。特徴として、カウボーイの柄をアレンジし、服全体に取り入れ、強い女性を表現しました。日本の都会的なシーンに似合う洋服として、提案致します。

入選作品18 入選作品18のデザイン画

山下 桃果(やました ももか)

チェコの民族衣装から(インスピレーションを受け)白レースを使ったスポーツウェアをデザインしました。軽やかなレース柄を切り抜いて通気性がよく、華麗なイメージを出しました。スポーツ観戦やショッピング等様々なシーンで活躍するアイテムです。

入選作品19 入選作品19のデザイン画

王 語エン(おう ごえん)

アルジェリアの伝統民族衣装からアレンジしたスポーツウェアです。柄と配色で明るい気分を出したいと思います。地味な運動でもオシャレになれます!この一着を着て、スポーティな1日を始めませんか。

入選作品20 入選作品20のデザイン画

中村 友苗(なかむら ゆな)

雪の中でトナカイを遊牧するサーミ族の衣装と雪に強いスキーウェアを掛け合わせました。リフレクトコードやパイピングを使用して機能性を重視し、平織や刺繍を入れ、エスニック要素を取り入れました。

入選作品21 入選作品21のデザイン画

PATTANA PANYASAT CHATR(ぱたな ぱんやさっと ちゃっと)

日本の江戸時代の旅装束にインスピレーションを受けデザインしました。当時、長く歩く事を考えて防寒・日よけなどの機能性を備えていた「旅装束」をアクティブなスポーティーウェアとしてアレンジしました。

入選作品22 入選作品22のデザイン画

川口 耕太郎(かわぐち こうたろう)

神霊と交信するシャーマン。現代は、バーチャルリアリティーな仮想的環境で、誰でもが、その光景を見ることが出来るのではないかと考え、モンゴルオロチョン族の紐を参考にし、スポーツウェアの素材やテクニックで表現しました。ネオンカラーを取り入れ、既製服としても販売できる様にしました。

入選作品23 入選作品23のデザイン画

佐藤 磨裕子(さとう まゆこ)

この作品は、ポリネシアの民族たちが身につけているフリンジをアウターの裾に施し、フードとアウターの裾とボトムスの三角形は、ポリネシアで伝統的に作られている樹皮布〈ジュヒフ〉「タパ」の柄をイメージして、デザインに取り入れた作品です。

入選作品24 入選作品24のデザイン画

張 琳(ちょう りん)

ペーズリー柄の起源であるアジア東部地方の植物モチーフ「ボテ」を作品に取り込み、デニムの生地にプリントしました。デザインに立体感を出し、動きやすく、スポーティー感のある作品にしました。

入選作品25 入選作品25のデザイン画

亀山 晴菜(かめやま はるな)

制服は日本の衣文化に浸透しています。土木や建設現場の作業着にモンゴルやポーランド、インドの伝統文様から着想を得た、オリジナルテキスタイルを盛り込みました。世界と繋がり、次世代を形成する制服は、町を明るく照します。

入選作品26 入選作品26のデザイン画

成田 小梅(なりた こうめ)

ロシアと日本のアイヌ民族を参考とし、アイヌ民族の民族衣装に用いられている特徴的な柄を、オリジナルのコンテンポラリーな柄に置き換え、レーザーカットで表現しました。

入選作品27 入選作品27のデザイン画

坂巻 明日香(さかまき あすか)

エストニアにある小さな島「キヒヌ島」の民族衣装「クルト」をモチーフにしました。クルトは赤、青、黄、黒を使った縦縞が特徴的な、島の女性たちによる「手作りのスカートです。そこから縦縞の配置と生地の風合いに拘ったった、遊び心溢れるシャツワンピースをデザインしました。

入選作品28 入選作品28のデザイン画

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

産業経済部産業振興課商業振興係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)

電話番号:03-3802-3111(内線:468)

ファクス:03-3803-2333

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?