更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

最終審査結果

応募総数3,600点のデザイン画による一次審査を通過した40作品について、公開ファッションショー形式による最終審査を実施し、グランプリ(経済産業大臣賞)をはじめとする12作品を表彰しました。

その他入選作品

受賞作品

グランプリ(経済産業大臣賞)

吉田 千尋(よしだ ちひろ)
アイヌ民族からインスピレーションを受けてデザインしました。民族衣装の特徴的な文様とされる「渦巻き」や「トゲの形」を基調に、精緻ながらも大胆に揺れる流動的で美しい柄を素材に落とし込みました。

受賞作品1 受賞作品1のデザイン画

荒川区長賞

杉山 侑己菜(すぎやま ゆきな)
ガーナ、アシャンティ人の正装であるケンテから着想しました。細い布を組み合わせて服とするケンテの特徴を参考に、現代的なシルエットに落とし込みました。日常からもっと色と柄を取り入れ、華やかにおしゃれを楽しむことを提案します。

受賞作品2 受賞作品2のデザイン画

独立行政法人中小企業基盤整備機構理事長賞

大島 詩穂(おおしま しほ)
イギリスの伝統衣装「キルト」とリーボックのポンプフューリーからインスピレーションを受けました。クリエイティブに男女を問わずアクティブに何か新しい事にチャレンジしたい人に向けてデザインしました。

受賞作品3 受賞作品3のデザイン画

東京都産業労働局長賞

小口 大輔(おぐち だいすけ)
世界中の6割の花が集まるオランダの民族衣装とレインコートからインスピレーションを受けました。雨の日も花のもつあたたかさを身に纏い、分量感溢れるスポーティーなスタイルを提案します。

受賞作品4 受賞作品4のデザイン画

東京商工会議所荒川支部会長賞

八木 結利香(やぎ ゆりか)
戦場で救護、治療をしていた軍医は、優しく信頼感のある強い姿でした。パワハラなどの様々なストレスを抱えて生きている人たちがいる現代・・・その人たちに向けて、ストレスに負けない、生きる強さを与える感覚のミリタリースタイルを提案します。

受賞作品5 受賞作品5のデザイン画

公益財団法人荒川区芸術文化振興財団理事長賞

前田 柚葉(まえだ ゆずは)
アイルランドのアラン諸島の女性たちによって、漁師が着るために編み出されるアランセーターを参考にしました。複数の毛糸をまとめて編み込むことで、カラフルに仕上げました。リブニットを使用することで運動性も備えています。

受賞作品6 受賞作品6のデザイン画

東京日暮里繊維卸協同組合理事長賞

渡辺 崇也(わたなべ そうや)
ロシア連邦 チュヴァシ共和国のウェディングドレスなど、特別なものに施される刺繍柄から着想を得てデザインしました。オリジナルの柄をプリーツに落とし込み、歩くたびに変化する柄を、スポーティーに表現します。

受賞作品7 受賞作品7のデザイン画

城北信用金庫賞

山崎 寧々(やまさき ねね)(「崎」はたつさき)
ガーナの「ケンテ」という民族衣装の柄を取り入れて、全体に使用しました。ケンテの色彩には独立運動への誇りと国土への愛情が込められています。スポーティーとエレガンスを組み合わせたワンピースを提案します。

受賞作品8 受賞作品8のデザイン画

ブラザー販売株式会社賞

董 媛怡(どん ゆえんいい)
ロシアの伝統的な女性のドレスからインスピレーションをもらって、銀色の糸でフォークロア刺繍柄をアート的に表現しました。運動量が増えると、ともにフレアの動きも増える・・・スケートする時の美しさを表現する一着を提案します。

受賞作品9 受賞作品9のデザイン画

蛇の目ミシン工業株式会社賞

島村 明樹(しまむら はるき)
北欧の極寒の地に住んでいるサーミ族のために、より機能的で暖かいダウンを提案しました。サーミ族の「コルト」という民族衣装は色彩豊かな手編みが特徴的なので、それらにプリントを施すことでモダンなデザインにしました。

受賞作品10 受賞作品10のデザイン画

株式会社ベビーロック賞

安留 岳(やすとめ がく)
アメリカにて生活を続けるドイツ系移民「アーミッシュ」。日々を丁寧に生きる彼らの衣文化の一つであるアーミッシュキルトをデザインに取り入れました。異なる素材同士をランダムにパッチワークした生地・・・それをスポーティーなセットアップに仕上げました。

受賞作品11 受賞作品11のデザイン画

JUKI販売株式会社賞

Sin Ka Yan(しん か やん)
アフリカの民族衣装と現代女性の服をミックスし、女性の「美」そして強いアフリカの女性戦士の「強さ」を表現しました。アフリカの民族衣装によくあるチェック柄の布地と、単色の布地を併用し、ビーズやひもを付けてセミタイトの巻きスカートにデザインにしました。

受賞作品12 受賞作品12のデザイン画

審査委員

委員長

三宅 正彦(みやけ まさひこ)氏 一般社団法人 日本ファッション・ウィーク推進機構理事長

委員

  • 佐々木 聡(ささき あきら)氏 クリエイティブディレクター
  • 有賀 康二(あるが こうじ)氏 デザイナー
  • 永田 大輔(ながた だいすけ)氏 デザイナー

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

産業経済部産業振興課商業振興係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)

電話番号:03-3802-3111(内線:468)

ファクス:03-3803-2333

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?