トップページ > スポーツ > スポーツ施設の利用案内 > 荒川総合スポーツセンターの利用案内 > 新型コロナウイルス感染予防を踏まえた施設運営について(荒川総合スポーツセンター)

更新日:2021年1月8日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染予防を踏まえた施設運営について(荒川総合スポーツセンター)

施設利用の一部制限・中止について

今般の国の緊急事態宣言に先立ち、区として、施設の更なる利用制限の方針をいち早く決定し、準備を進めてまいりましたが、都内における想定を大幅に上回る急激な感染拡大の状況及び緊急事態宣言の発出を踏まえ、特に、「夜間の施設利用」について、より厳しい制限を実施することといたしました。

利用者の皆様には、大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

※注釈 今後の国や都の方針によっては、利用制限内容を変更する場合がございます。その際は、改めてホームページ等でお知らせいたします。

対象期間

令和3年1月9日(土曜)から2月7日(日曜)

新たな利用制限の内容

1 営業時間を午後7時までとします。

個人・団体・教室利用全てが対象となります。

※注釈1 午後7時までの退館にご協力ください。

※注釈2 午後7時以降の中止となる教室は以下をご確認ください。
中止教室一覧(PDF:104KB)
なお、参加されている方には個別にご連絡します。

2 団体利用の新規予約受付を中止します(2月7日(日曜)利用分まで)

すでに予約済みの場合でも、キャンセルされる場合は利用料金を全額還付します。

施設利用のキャンセルの取扱い

令和3年1月9日(土曜)から2月7日(日曜)の予約済みの施設利用のキャンセルを希望される場合は、利用料金を全額還付します。

キャンセルをされる場合は、決まり次第、必ず事前に施設へ連絡していただきますようお願いいたします。

(電話:03-3802-3901)

トレーニングルームの利用方法について

12月1日(火曜)から、トレーニングルームをご利用いただく際はマスクの着用をお願いいたします。

※注釈 マスクを着用して息苦しくなるような過度のトレーニングは当面の間ご遠慮ください。マスクがない場合は、バンダナやネックゲイターなどで鼻と口を覆ってください。

利用人数制限の緩和について

区は国や都の方針を踏まえ、安全・安心を最優先として新型コロナウイルス感染予防策の徹底を前提とした上で、一部施設の利用制限を10月10日(土曜)以降、緩和いたします

※注釈 今後の国や都の方針によっては、内容を変更する場合がございます。

利用制限を緩和する施設

名称 10月9日(金曜)まで 10月10日(土曜)以降
多目的室 第一

12人(6人)

※注釈1 カッコ内は運動利用時

※注釈2 運動利用については、フラダンスやヨガなどの軽い運動のみ

30人(15人)

※注釈1 カッコ内は運動利用時

※注釈2 運動利用については、フラダンスやヨガなどの軽い運動のみ

第二

24人(12人)

※注釈1 カッコ内は運動利用時

※注釈2 運動利用については、フラダンスやヨガなどの軽い運動のみ

55人(27人)

※注釈1 カッコ内は運動利用時

※注釈2 運動利用については、フラダンスやヨガなどの軽い運動のみ

第三

12人(6人)

※注釈1 カッコ内は運動利用時

※注釈2 運動利用については、フラダンスやヨガなどの軽い運動のみ

28人(13人)

※注釈1 カッコ内は運動利用時

※注釈2 運動利用については、フラダンスやヨガなどの軽い運動のみ

第二・第三

36人(18人)

※注釈1 カッコ内は運動利用時

※注釈2 運動利用については、フラダンスやヨガなどの軽い運動のみ

83人(40人)

※注釈1 カッコ内は運動利用時

※注釈2 運動利用については、フラダンスやヨガなどの軽い運動のみ

クラブ室 6人 17人

現在の制限を継続する施設

名称 人数
大体育室

120人

※注釈 利用者は観覧席利用可

小体育室 50人
武道場(剣道・柔道)

各30人

※注釈 接触や近距離での発声は制限

卓球場

30人

※注釈 ダブルスプレー不可

弓道場 12人
スタジオ 14人
温水プール

60人

※注釈 教室受講者は別途

トレーニングルーム 21人
キッズルーム

16人

※注釈 保護者を含む

ホール 来館者カードの記入が必要
更衣室 7人から14人

※注釈1 利用再開施設は、団体利用・個人利用どちらも利用可能です。(プール・トレーニングルームは個人利用のみ)

※注釈2 ジョギング走路は利用可能です。団体利用等によって、利用できない場合があります。

利用上の注意

ご利用される際は、施設からお願いする以下の感染防止策を必ず守ってください。

  1. 発熱や咳等の症状があるなど、体調不良の場合は利用を自粛してください。
    ※注釈 必ず発熱がないことを確認して利用してください。
  2. マスクの着用と咳エチケットを徹底してください。
    ※注釈 運動・スポーツ中のマスクの着用は利用者の判断で使用してください。マスクを着用して運動やスポーツを行った場合、十分な呼吸ができずに人体に影響を及ぼす可能性があります。
  3. 利用者間の十分な間隔を確保してください。
  4. 利用前後に手指消毒や手洗い、うがい等を行ってください。
  5. クラスターが発生した場合に追跡可能とするため、団体利用の場合は、責任者が利用者の氏名及び連絡先を把握し、名簿を作成・保管してください。(1か月保管)
  6. ごみはご自身で持ち帰ってください。
  7. こまめな換気をお願いします。
  8. そのほかに感染拡大防止のため、施設からお願いする場合があります。

スポーツ施設利用時の感染防止策チェックリスト(PDF:44KB)

利用者名簿(団体用)(PDF:96KB)

プールの利用方法について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記のとおり利用を制限します。

プール利用上の注意点等

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の利用方法を必ずご確認いただき、ご利用をお願いいたします。

  • ご利用当日、感染防止策チェックリストを記載した個人利用カードにご記入、提出してからご入場ください。
  • 更衣室利用時に周囲の方と十分な距離を取ってご利用いただくため、更衣室に同時に入場できる人数を制限させていただきます。係員の指示に従ってください。
    ※注釈 男子更衣室10人、女子更衣室7人
  • プール内や更衣室など、周囲の方と十分な距離を取ってご利用ください。
  • 採暖室、ドライヤー、水着脱水機、冷水器はご利用いただけません。
    水分補給できるご用意をお願いします(プールに持ち込みできるのはフタのできる容器に入れた水に限ります)。
  • プール利用時間は、更衣を含めた時間です。

利用料金変更のお知らせ

受益者負担の適正負担(※注釈)の観点から、大規模改修工事による施設機能の向上や減価償却費の上昇等を踏まえ、利用料金について見直しを行い、改定させていただきました。また、新たに区内・区外団体の基準を定め、区内・区外団体別に利用料金を設定いたしました。

※注釈 行政サービスのうち、利用者の受益に差が生じるサービスや個人による選択性高いサービス等は、受益者(利用者)に応分の負担を設定することが妥当とされており、区では公共施設の使用料(利用料金)について、サービスの性質に応じて受益者負担の考え方を用いています。

荒川総合スポーツセンターにおいても、この考え方に基づき受益者負担としていただくこととしております。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部スポーツ振興課

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号

電話番号:03-3802-3111(代表)

ファクス:03-3802-3128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。