トップページ > 生涯学習・コミュニティカレッジ > コミュニティカレッジ > コミュニティカレッジ ガイドブック > 2016年 > 荒川コミュニティカレッジ修了生のコミカレとわたし「きっかけは コミカレ」

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

荒川コミュニティカレッジ修了生のコミカレとわたし「きっかけは コミカレ」

1期 多田 浩二さん

荒川コミュニティカレッジを知るための冊子、『コミカレ!ガイドブック』が完成しました。コミカレで何が学べるのか、どんな仲間がいるのかをご紹介します。

コミカレガイドブック多田さん写真

環境美画会長、荒川区グラウンド・ゴルフ協会会長、パンジュリアン副会長他

Qコミカレに入学したきっかけを教えて下さい

ある日ダイレクトメールが送られてきて、中を見たらコミカレ受講生募集のお知らせでした。それでコミカレを知りました。それまではキャラクターやロゴなどのデザインをする仕事をしていて、地域活動といえば町会に参加するくらいでした。

Q入学してみてどうでしたか

特に地域活動に興味があったわけでもなかったのですが、時間の融通もきいたので入学してみたら、同期の仲間たちがすでに地域活動を積極的にやっている「すごい」人ばかりで圧倒されました。じゃあ自分には何ができるか?みんなと同じではなく自分に出来る他の事は何か?と思った時、デザインの仕事をしてきたから自分には絵が描ける、絵を通しての活動なら出来るんじゃないかな、と思いつきました。

Qそれが「環境美画」の立ち上げにつながったのですね

コミカレに入って1年くらい経ったころ、電車の高架下が薄暗くごみが溜まって汚くなっていることが気になりました。これを絵の力でどうにかできないだろうか。「荒川区の環境を良くしたい」を学園祭の発表テーマと決め仲間と企画を練っていたところ、平成24年、東京芸術大学で壁画を学んでいる学生たちと一緒に常磐線高架下壁画を手掛けることとなりました。これがきっかけとなり芸大生との共同制作は全部で3回に上りました。芸大生からは画材や塗り方など壁画製作のノウハウを一から教えてもらえて。この経験が地域活動団体「環境美画」の壁画制作に繋がりました。
平成26年に「尾久宮前小学校創立80周年記念」行事の一環として、児童と一緒に学校の壁画を描く依頼が区役所からありました。この壁画は尾久宮前小学校の全校児童、町会やPTAなど地域の方も参加して描いたものです。壁画に毎日少しずつ色が塗られていくのは見ていて感動しました。この壁画の前を通るたびに、様々な思い出が甦ります。作業の帰り道の校庭で「壁画のおじさんサヨウナラ」と声を掛けてもらったこと、完成後に招待されて子どもたちと給食を食べた事、心のこもった手紙をもらったこと・・・どれも忘れられない思い出です。この絵に携わったみんなも、「この部分の色を塗ったんだよ」といつまでも思い出してもらえると思います。現在は、第六瑞光小学校の壁画作成をしています。

Q次に荒川区グラウンド・ゴルフ協会での活動について伺います

荒川区でグラウンド・ゴルフが立ち上がって4年目。現在会員が70人程です。続けてもらえるような活動をしていきたいと思います。
現在最高齢の方は87歳です。楽しんでいる姿を見るともっと続けて欲しいと思いますし、例えば腰が痛いから、と途中で帰った人がいたら後で電話をかけて具合を伺っています。自分もそうですが気にしてもらう、ってやっぱり嬉しいじゃないですか。そうするとまた次回来てくれるんです。

Q最後にメッセージをお願いします

私はコミカレに入ったことで全てがスタートしました。いろいろな出会い、つながりがあって今の自分があります。同期生とのヨコのつながり、同窓会での他期の受講生たちとのタテのつながり。つながりが財産となり人生の幅も広がり前向きで健康的な生活が送れています。ぜひ、たくさんの人にコミカレに入ってほしいですね。

コミカレガイドブック環境美画
完成!尾久宮前小学校壁面前にて

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部生涯学習課地域学習支援係

〒116-0002荒川区荒川一丁目1番1号 サンパール荒川6階

電話番号:03-5615-4884

ファクス:03-5615-4885

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?