トップページ > 生涯学習・コミュニティカレッジ > コミュニティカレッジ > コミュニティカレッジ ガイドブック > 2017年 > 受講生のコミカレライフ2 人に話したくなる講座 学ばないのがもったいない

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

受講生のコミカレライフ2 人に話したくなる講座 学ばないのがもったいない

6期あらかわまちづくりコース 岩瀧玲奈さん、阪部森絵さん

コミカレをどこで知りましたか

岩瀧 私は上の子どもの保育園のママ友がコミカレ5期生で、その方に誘われました。ちょうど下の子の育休だったこともあってじゃあこの休みを有効に使えるかも、という感じです。
阪部 ある日、近所に受講生募集のポスターが貼られているのを見て「この内容で託児がついていて学べるなんて、なんてすごいんだろう」とびっくりしました。関西から荒川区に移ってきて3年。やっぱりなんとなく「よそさん」の気分で。だけどここで生まれた子どもにとっては荒川が故郷なんだな、と気付き、だったら子どものためにも、もっとマチと近しくなりたいなと思いました。

受講してみてどうでしたか

阪部 首都大学連携での講座、35(さんご)サポネットさんのお話が良かったです。地域の中に「いつでもおいで」、と言ってくれるところがあると知って、荒川区はいいところだな、と改めて思いました。コミカレに入らなかったら知らないままで過ごしてしまったと思うことが多いです。
岩瀧 10年住んでいても、まちについて知らないことが多く、知るともっと知りたくなります。習ったことを友だちに教えたくなりますよね。
阪部 私も。友だちに話したくてワークでやったことをメールしてみたり、一緒にやってみたりしてる。みんなコミカレを知らないから「どんな学校なの」と興味津々。家族に話しても「へえ」くらいしか言われないけど、私がそうやって子どもと一緒に元気で予定を入れて楽しく過ごしていることは、ひそかに喜んでいるみたい。
岩瀧 それと、グループワークで年上の方と面と向かって話すというのが新鮮。
阪部 そうだよね。でも入学する前は平日の昼間だから「シニアが多いんだろうな」と漠然と思っていたけど、結構若い人も居てびっくり。自分が浮いている、っていう違和感はなかったです。

最後に入学を考えている方へのメッセージをお願いします

阪部 コミカレが知られていないのが本当にもったいない。普段の生活で大人が授業で学ぶ機会なんて少ないし、学んでいることも生活に密着したことから話し方とかもっと広い分野のことまでバラエティに富んでいるので、人間としての勉強になります。荒川のことばかり学ぶのかと思っていたら、もちろん荒川の事も学ぶけど、それ以外のことも学べることに驚きました。扉は開かれているので、ぜひ、参加して欲しいです。
岩瀧 最初は続けられるか心配で悩んでいましたが勇気を出して入ってみて良かったです。今は、子どもが大きくなって仕事もひと段落したら、私もボランティア活動ができたらいいな、とぼんやり考えています。
阪部 私も子どものことで何か活動してみたいです。きっと自分の子どもの子育ての時とは違う刺激や気付きがあると思います。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部生涯学習課地域学習支援係

〒116-0002荒川区荒川一丁目1番1号 サンパール荒川6階

電話番号:03-5615-4884

ファクス:03-5615-4885

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?