更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

荒川コミュニティカレッジで仲間と楽しく学ぼう

あらかわを知ろう まちに出て学ぼう あらかわまちづくりコース(昼間)・2年間

あらかわまちづくりコースの一年目は、私たちの住むまち「あらかわ」を知る事から始めます。
荒川区の面積、人口、施策などの基本情報から取り組まねばならない福祉の問題、防災まちづくり、荒川の歴史など、さまざまな分野のあらかわを学びます。知る事によって見えてくる魅力や課題を地域活動への第一歩へとつなげていきます。そのため、講座内容も机上の講義形式のものだけではなく、区内施設を会場にしたり、区内施設を見学したりと、体験を通して楽しくあらかわを知ることができます。

講座内容PIC UP(ぴっくあっぷ)

入学後すぐに行う「あらかわってこんなまち」の講座では、クイズ形式で荒川区の概要について学びました。「荒川区の魅力からこんなまちにしたい」を考え、発表するワークを行いました。

区内探訪の講座では、バスで区内を巡りながら、あらかわ遊園、あらかわ希望の家、旧三河島汚水処分場喞筒場(ぽんぷじょう)施設を見学しました。

受講生の声(アンケートより)

  • 初めて行くところばかりで、初めて知ったことが多かった。
  • 何十年も遊びに行っていても知らないことがあってびっくり(あらかわ遊園)。
  • デイサービスは行ったことがあったが障がい者施設は初めて。時間があればお手伝いしたいと思いました(あらかわ希望の家)。
  • 自転車で見ているのとバスからでは景色が違い、荒川を知る事が出来て良かった。
  • とても有意義な時間でした。利用者さんがいきいきしているように思いました(あらかわ希望の家)。
  • 初めてだったのですが、そういう所があってきれいな水にしてくれていることに感謝です(旧三河島汚水処分場喞筒場(ぽんぷじょう)施設)

人と繋がる 新しい地域のたまり場を作ろう クリエイティブコース(夜間)・1年間 第7期テーマは「地域DE(で)交流 コミュニティカフェを作ろう」

荒川コミュニティカレッジの夜間コースである「クリエイティブコース」では、サードプレイス(職場や家ではない、新しい居場所)や交流の場について、学んでいきます。専門分野の座学だけではなく、交流イベントの企画実施などの実践を通じて、居場所作りについて学習します。修了後、定期的な地域での交流の場の実践等、新たな活動の立ち上げを目指します。「コミュニティカフェ」とは、単なる喫茶店ではなく、地域の交流の場を意味します。地域の繋がり作りや、世代間交流等に関心のある方にもオススメのコースです。

講座内容PIC UP(ぴっくあっぷ)

「地域で交流イベントを実践する」の講座では、「荒川区をもっと好きになる」をテーマに荒川カルタやサイコロトーク等の様々な手法を使って、地域の方と荒川区への愛着を深める企画を峡田ふれあい館で行いました。

受講生の声(アンケートより)

ベントの実践を通じて、企画から当日までの流れを理解する事ができた

  • 荒川LOVE(らぶ)な方が多く、みんなで楽しく学べました。
  • 「ミニ講座を企画してみよう」では、受講生の興味関心を活かしたミニ講座を披露し合いました。

受講生の声(アンケートより)

  • 参加者の方から様々な意見を聞くことが出来、今後、自分が企画を実施する上での参考になった。
  • イメージ通りに実施するのは難しいことが分かった。

ほかにも、夜のまちあるき講座やコミュニケーションの講座等、暮らしや活動にも役立つ楽しい講座が盛りだくさんです。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部生涯学習課地域学習支援係

〒116-0002荒川区荒川一丁目1番1号 サンパール荒川6階

電話番号:03-5615-4884

ファクス:03-5615-4885

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?