ここから本文です。

印刷装こう

木版画摺(もくはんがすり)

松崎啓三郎(まつざきけいざぶろう)さん

昭和12年生まれ(町屋三丁目31番16号)
昭和27年、台東区元浅草で高木蟹泡堂を経営している高木省治氏に師事し、4年間の修業の後、現在地で独立した。摺師の系譜でいえば村松三井系の流れをくんでいる。
松崎さんは、浮世絵や近代以降の絵画などといったものにとどまらず、菓子箱の上紙・郵便記念切手の包紙なども手掛ける。後継者に、子息の浩繁氏がいる。
昭和63年度、荒川区登録無形文化財保持者認定。
平成23年度、荒川区指定無形文化財保持者に認定。

松崎浩繁(まつざきひろしげ)さん

昭和43年生まれ(町屋三丁目31番16号)
木版画摺師・松崎啓三郎氏(句指定無形文化財保持者)の子息。高校卒業後、昭和63年(1988)より父・啓三郎氏に師事して本格的に修業し、技術を修得した。
懸紙やのし紙といった和紙製品を中心に木版での摺りを行う。また、千社札交換会などの千社札の摺りも手がける。
令和元年度荒川区登録無形文化財保持者に認定。

川嶋秀勝(かわしまひでかつ)さん

昭和19年生まれ(西日暮里三丁目11番8号)
川嶋さんは栃木県出身で、昭和34年から関岡功夫氏(荒川区指定無形文化財保持者)に師事し、技術を修得した。
浮世絵の復刻をはじめ、現代の水彩画や油絵の木版画化など様々なジャンルに取り組み、近年は三十三観音などの仏画にも取り組む。
平成17年度、荒川区登録無形文化財保持者に認定。平成29年度、荒川区指定無形文化財保持者に認定。

木版画彫(もくはんがほり)

関岡裕介(せきおかゆうすけ)さん

昭和32年生まれ(西日暮里三丁目11番8号)
木版画摺師の関岡功夫氏(号:扇令、元荒川区指定無形文化財保持者)の子息。昭和51年(1976)、高校卒業後、彫師を志し、江戸時代から代々続く木版画彫師の四代目大倉半兵衛氏(現文京区)に弟子入りした。7年間の修業を経て技術を修得し、一度現在地に独立した。その後、平成元年からは、アダチ版画研究所に勤め、5年後、改めて独立し、関岡彫裕木版画工房を設立した。平成25年、摺師であった祖父・父の号「扇令」を三代目として襲名した。
版元から依頼を受け、絵師、彫師、摺師の分業制で仕事を行う木版画製作のなかで、彫師として版木を製作する。製作する版木は、浮世絵、現代版画、千社札など。
平成25年度、荒川区登録無形文化財保持者に認定。

関連情報

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部生涯学習課荒川ふるさと文化館

〒116-0003荒川区南千住六丁目63番1号

電話番号:03-3807-9234

ファクス:03-3803-7744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?