トップページ > 税金 > 税制改正 > 荒川区特別区税条例の一部改正

更新日:2021年7月21日

ここから本文です。

荒川区特別区税条例の一部改正

令和3年度荒川区議会定例会・6月会議において、荒川区特別区税条例の一部を改正する条例が可決されました。改正内容概要は以下のとおりです。

区民税非課税の範囲等における国外居住親族の見直し(令和6年度以後の住民税に適用)

扶養控除において国外居住親族のうち原則30歳以上70歳未満の者を除く要件が設けられた(令和2年度の税制改正)ことを踏まえ、住民税(均等割・所得割)の非課税限度額、均等割の税率の軽減における扶養親族の範囲をそれぞれ改めます。

医療費控除の特例の見直し(セルフメディケーション税制)(令和5年度分以後の住民税に適用)

特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)について、適用期限を5年延長するとともに対象医薬品を見直します。

軽自動車税種別割のグリーン化特例(軽課)の見直し

営業用乗用車種別割について、新たな令和12(2030)年度燃費基準のもとで軽課の適用を見直し、貨物車種別割については、電気・天然ガス自動車に軽課の適用を限定した上で、それぞれ適用期限を2年延長します。

営業用乗用車のグリーン化特例

適用年度 区分 軽課割合
(現行)
令和3年度分まで
電気自動車
天然ガス自動車(※1)
75%軽減
ガソリン車
ハイブリッド車(※2)
令和2(2020)年度燃費基準
+30%達成
50%軽減
令和2(2020)年度燃費基準
+10%達成
25%軽減
(改正後)
令和4、5
年度分
電気自動車
天然ガス自動車(※1)
75%軽減
ガソリン車
ハイブリッド車(※2)
令和12(2030)年度燃費基準
90%達成(※3)
50%軽減
令和12(2030)年度燃費基準
70%達成(※3)
25%軽減

貨物車のグリーン化特例

適用年度 対象車 区分 軽課割合
(現行)
令和3年度分まで
電気自動車
天然ガス自動車(※1)
75%軽減
ガソリン車
ハイブリッド車(※2)
平成27(2015)年度燃費基準
+35%達成
50%軽減
平成27(2015)年度燃費基準
+15%達成
25%軽減
(改正後)
令和4、5
年度分
電気自動車
天然ガス自動車(※1)
75%軽減

(※1)平成30(2018)年排出ガス規制に適合又は平成21(2009)年排出ガス規制から窒素酸化物10%低減達成

(※2)平成30(2018)年排出ガス基準50%低減達成又は平成17(2005)年排出ガス基準75%低減達成

(※3)令和2(2020)年度燃費基準達成車に限る

住宅ローン控除制度の見直し

住宅借入金等特別税額控除の特例(控除期間13年間)の適用について、令和3年末までの入居要件を、指定期間に契約した場合、令和4年末まで延長します。

さらに、令和3年1月1日以降に入居した場合には、合計所得金額1千万円以下の者については、面積が40平方メートル以上50平方メートル未満(現行の要件50平方メートル以上)の住宅も対象とします。

契約指定期間
区分 指定期間
新築 令和2年10月1日から令和3年9月30日まで
建売・中古・増改築等 令和2年12月1日から令和3年11月30日まで

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

区民生活部税務課

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号

電話番号:03-3802-3111(代表)

ファクス:03-3802-7298

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?