トップページ > 広報・報道・広聴 > 報道・プレス発表 > 2021年11月 > 第三日暮里小学校とオーストラリアの小学校がオンラインで交流!

更新日:2021年11月18日

ここから本文です。

第三日暮里小学校とオーストラリアの小学校がオンラインで交流!

荒川区では、小学校からの英語教育が大切であるという考えの下、平成15年度に「荒川区小学校英語科指導指針」を策定し、小学1年からの英語教育を推進しています。

本日、第三日暮里小学校において、英語を学んでいる5年生の児童がオーストラリアのリトルグローブ小学校で日本語を学んでいる4年生から6年生の児童とオンラインで交流しました。

この取り組みは、両校の児童が互いに相手国の言語を用いて、コロナ禍においても、オンラインによるコミュニケーションを図り、互いの国や文化に興味を持ち、友好関係を築くことを目的に実施したものです。

日時

令和3年11月18日(木曜)

場所

荒川区立第三日暮里小学校(荒川区東日暮里3-10-17)

交流の様子

第三日暮里小学校の児童は英語で、リトルグローブ小学校の児童は日本語で「Hello!」「こんにちは!」と笑顔であいさつ。

一人ひとり、自己紹介をした後、学んでいる英語で発音に注意しながら、興味のあることやお互いの学校の様子などについて、話していました。

日本の児童から、「I can play badminton.(私はバトミントンができます)」と自己紹介をすると、オーストラリアの児童は、体育館へ行き、ラグビーボールを蹴って見せるなど、楽しくコミュニケーションをとっていました。

最後は、「Bye!」、「さよなら」と手を振り合って、お別れをしました。

参加した児童のコメント

英語でうまく話せなかったところは、ジェスチャーを交えて伝えることができました。オーストラリアの学校の様子等、色々なことを知ることができて、良かったです。

第三日暮里小学校 末永寿宣校長のコメント

この度、本校で英語を学んでいる子どもたちが、オーストラリアで日本語を学んでいる小学校の子どもたちとの交流により、今まで学んできた語彙や表現を実際のコミュニケーションにおいて活用できる場を設けられたことは、児童にとって、たいへん有意義なことと思っています。

本校の子どもたちは、1年生から英語に親しみ、外国人講師と学習しています。全学年でワールドタイムの日は外国人講師と、授業だけでなく休み時間、給食も英語で楽しく交流するなどに毎年取り組み、3年生でパスポートノートを活用した入国・出国検査体験、5年生では、同学年の外国の子どもたちと直接交流し、6年生では中学校英語の準備を始めるプログラムを実践しています。

今後とも、主体的に英語を用いてコミュニケーションを図ることで、オーストラリアの国や文化に対する理解を深め、友好関係を築いていきたいと思います。

あいさつの様子

あいさつの様子

自己紹介の様子

自己紹介の様子

コミュニケーションの様子

コミュニケーションの様子

お別れの様子

お別れの様子

 

 

お問い合わせ

教育委員会事務局指導室指導主事

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎3階)

電話番号:03-3802-3111(内線:3384)

ファクス:03-3801-9826

区政広報部広報課報道映像係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)

電話番号:03-3802-3111(内線 2135)

ファクス:03-3802-0044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?