トップページ > 広報・報道・広聴 > 報道・プレス発表 > 2021年11月 > 素敵な名前を付けてくれてありがとう~荒川自然公園の白鳥の名前が決定しました~

更新日:2021年11月16日

ここから本文です。

素敵な名前を付けてくれてありがとう~荒川自然公園の白鳥の名前が決定しました~

 令和3年11月12日、荒川自然公園「白鳥の池」に生息するつがいのコブハクチョウの名前が決定しました。

 2羽の名前は、「レオ(オス)」と「サクラ(メス)」。多くの方に愛着を持ってもらえるように名付けられました。

 9月中旬から、園内及び区内図書館等で応募箱・応募用紙を設置したほか、荒川自然公園ホームページで応募を受け付け、広く区民から名前を募集した結果、1か月間で、1,411件の応募をいただきました。

 応募の中から、オス・メス上位10点の候補名を選び、荒川自然公園を日常的にお散歩等で利用している区内の保育園や幼稚園の園児が、名前の選定を行いました。

 今回の命名記念として、12月中旬に、白鳥を題材とした「荒川自然公園トレーディングカード」を発行し、荒川自然公園管理事務所やイベント等で配布する予定です。

荒川自然公園の2羽の白鳥について

 今年の3月に、千葉県富里市にある動物飼育所から、荒川自然公園「白鳥の池」にやってきました。「新しい環境で白鳥が寂しくならないように」との配慮からコールダックも一緒に連れてきました。

 「レオ(オス)」は、くちばしの色が濃く、くちばし上のコブが大きいことが特徴です。

 また、「サクラ(メス)」は、くちばしの色が薄く、くちばしの上のコブが小さいことが特徴です。

区の担当者より

 コブハクチョウが荒川自然公園にやってきてから、小さなお子様から大人まで多くの方々に可愛がってもらっておりますが、皆様からは「何と呼べばよいのか」という問い合わせが多く寄せられておりました。区としても、2羽のコブハクチョウが皆様に末永く可愛がってもらえるよう、公募により名前を募集したところ、力強く可愛らしい名前に決まり、大変嬉しく思います。皆様のご協力に感謝申し上げます。

荒川自然公園について

 東京都下水道局三河島水再生センターの上に人工地盤を造って設置された公園です。昭和57年に「新東京百景」に選定され、東京都を代表する景勝地の一つとなっています。

つがいでハート

つがいでハート

優雅に泳ぐ白鳥

優雅に泳ぐ白鳥

 

 

お問い合わせ

防災都市づくり部土木管理課維持みどり係

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号(北庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2737、2757、2752)

ファクス:03-3802-6230

区政広報部広報課報道映像係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)

電話番号:03-3802-3111(内線 2135)

ファクス:03-3802-0044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?