トップページ > 広報・報道・広聴 > 報道・プレス発表 > 2021年7月 > 令和3年度障がい者地域自立生活支援セミナー「より面白くなる!パラスポーツ観戦」が開催されました!

更新日:2021年7月26日

ここから本文です。

令和3年度障がい者地域自立生活支援セミナー「より面白くなる!パラスポーツ観戦」が開催されました!

 本日7月26日(月曜)、あらかわエコセンターで、障がい者地域自立生活支援セミナー「より面白くなる!パラスポーツ観戦」が開催されました。このセミナーは、障がい者の方々やそのご家族等を対象にパラリンピックの正式種目について、競技内容や見どころに関する講義のほか、実際にパラスポーツを体験してもらい、パラリンピック開催を前に、パラスポーツをより面白く観戦してもらおうと開かれたものです。

講師

 東京都障害者総合スポーツセンター 寺崎佑哉氏・石巻詩織氏

当日の様子

 講義では、まず、講師から東京都障害者総合スポーツセンターの紹介があり、続いて、東京2020パラリンピック競技大会で実施される競技について説明がありました。

 また、楽しく興味を持って観戦してもらえるよう、競技をピックアップして、動画を交え、そのルールや魅力、見どころについて紹介がありました。参加者は、健常者の競技とはまた違うルールがあることなど、映像を交えた説明に興味深く聞き入っていました。

 特に、「ボッチャ」の一投に込められた戦略と駆け引きや「車いすバスケットボール」の巧みな車いす捌きのお話しに参加者から小さな歓声があがっていました。

 続いて、パラスポーツ体験の時間があり、参加者の皆さんが音楽に合わせて、体操をしました。体をほぐした後、ボッチャ競技について、まずボールに触れ転がすことから始まり、次に、的を狙ってボールを転がしたり、白いボール(ジャックボール)を狙って転がしたりと、初めてボッチャという競技に触れ、その面白さ、奥深さを体感していました。

参加者の声

 実際に体験して、楽しさやルールが分かるとより一層興味が湧きますね。ボッチャはジャックボールを狙って投げるのが意外と難しかったです。

担当者からのコメント

 本日のセミナーを通じて、障がいのある方にパラスポーツの面白さを知ってもらい、パラリンピックを楽しく観戦して、さらには自身がチャレンジするきっかけとなれば幸いです。

 

 

講義の様子

講義の様子

体操の様子

体操の様子

ボッチャ体験(1)

ボッチャ体験(1)

ボッチャ体験(2)

ボッチャ体験(2)

 

 

お問い合わせ

福祉部障害者福祉課心身障害者福祉センター

〒116-0002荒川区荒川一丁目53番20号

電話番号:03-3891-6824

区政広報部広報課報道映像係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2135)

ファクス:03-3802-0044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?