トップページ > 広報・報道・広聴 > 報道・プレス発表 > 2021年4月 > クラウドファンディングを財源に購入した衛生資材を区内の医療機関へ贈呈しました!

更新日:2021年4月27日

ここから本文です。

クラウドファンディングを財源に購入した衛生資材を区内の医療機関へ贈呈しました!

荒川区では、新型コロナウイルス感染症対策の最前線で従事する方々へ支援を届けることを目的としたクラウドファンディングを令和2年12月22日から令和3年3月21日まで実施しました。

今回、集まった寄附金額の一部を使い、新型コロナウイルス感染症の患者を受け入れている区内の医療機関に対して、衛生資材を贈呈いたしました。

衛生資材贈呈の内容

贈呈内容

衛生資材一式

内訳:医療用ガウン、医療用キャップ、N95マスク

贈呈先

新型コロナウイルス感染症の患者を受け入れている区内の医療機関(東京女子医科大学東医療センター、岡田病院)

クラウドファンディングの概要

事業内容

クラウドファンディングにより、区における新型コロナウイルス感染症対策について、区内外を問わず広く発信することで寄附金を募り、エッセンシャルワーカーへの支援に繋げる。

実施期間

令和2年12月22日~令和3年3月21日(90日間)

クラウドファンディングの実施方法

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を活用して、ウェブサイト上で事業のPR、寄付の受付、寄付金の収納を行う。

寄附金の使い道

  • 医療機関や介護・障害福祉等サービス事業所に対するマスク、防護服等の衛生資材の提供
  • 診療、検査を行う医療機関に対し、補助金を支給
  • 介護・障害福祉サービス事業所の職員、利用者に対するPCR検査の実施
  • 保育事業所等の職員への感謝の気持ちを届けるためのクオカードの支給

寄附合計金額

3,180,559円 (128人)

担当者からのコメント

今回のクラウドファンディングでは区内外の多くの方から温かいお気持ちをいただきました。皆様からいただいた寄附を活用し、医療従事者の皆様へ感謝と激励を届けるため、この度、衛生資材の贈呈を行いました。

感染状況が悪化し、緊急事態宣言が出されるなど医療従事者の皆様は大変厳しい状況に直面していると思います。今回の贈呈が少しでも医療従事者の皆様の助けになればと思っています。

寄附者からの応援メッセージ(一部)

  • エッセンシャルワーカーの皆様が、労働環境的にも、雇用待遇面でも不安なく専念できるように、 また、プライベートにあっても、心身ともに健やかな時間が持てるように、感謝と願いと祈りをこめて。 できることは人それぞれ。 だから、私にできることは一つずつ、確実に積み重ねていきます。
  • コロナ感染者数増加の折、対応して頂いてる医療従事者の方々には感謝の念しかございません。 どうかくれぐれもお身体には充分留意頂きご自愛くださいませ。皆様のご活躍をお祈りして、応援しております!!
  • 深刻な状況下、医療従事者、スタッフの方々には、本当に頭の下がる想いです。微力ではありますが、少しでもお役に立てれば幸いです。

女子医大東医療センター病院長(写真中央)への贈呈

女子医大東医療センター病院長

(写真中央)への贈呈

岡田病院長(写真右)への贈呈

岡田病院長(写真右)への贈呈

贈呈物資(ガウン)

贈呈物資(ガウン)

贈呈物資(医療用キャップ)

贈呈物資(医療用キャップ)

贈呈物資(N95マスク)

贈呈物資(N95マスク)

お問い合わせ

総務企画部総務企画課企画係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2118)

ファクス:03-3802-0456

区政広報部広報課報道映像係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2135)

ファクス:03-3802-0044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?