トップページ > 広報・報道・広聴 > 報道・プレス発表 > 2020年10月 > 基準日の翌日以降に生まれた新生児にも、特別定額給付金を給付します(10月9日)

更新日:2020年10月9日

ここから本文です。

基準日の翌日以降に生まれた新生児にも、特別定額給付金を給付します(10月9日)

特別定額給付金の対象世帯にお子さんが生まれたら、その子にも10万円給付します

 荒川区では、特別定額給付金の基準日(令和2年4月27日)の翌日以降にお子さんが生まれた世帯の家計を支援するため、特別定額給付金の支給対象を拡大し、お子さんが生まれた世帯への特別定額給付金事業を実施します。

対象

次の条件をすべて満たす新生児です

  1. 令和2年4月27日時点で荒川区の住民基本台帳に記録されており、同年10月9日まで、かつ新生児の出生の日まで引き続き区の住民基本台帳に記録のある世帯に出生した新生児
  2. 令和2年4月28日から令和3年4月1日までの間に生まれ、出生により区の住民基本台帳に記録された新生児

※注釈 区外からの転入により住民登録された新生児は、対象外です。

給付方法

 特別定額給付金の給付で使った世帯主の口座に、新生児分を振り込みます。定期的に住民基本台帳から新生児を抽出しますので、区民からの申請は不要です。

区の担当者より

 荒川区議会における第3回補正予算の成立をうけて、荒川区新生児特別定額給付金事業を実施します。予算額は201,170千円、新生児約1,800人に10万円を給付する見込みです。

 対象世帯には、10月末から順次通知を発送、初回の振込は11月中旬の予定です。

 コロナ禍のもとで先行きが見通せず、不安を感じる方も多いなかで、区として少しでも区民生活を応援したいと考え、今回の給付事業を行うことになりました。今後も区民の皆様の暮らしと安全を支えるために、必要な対応を行ってまいります。

お問い合わせ

区政広報部広報課

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)

電話番号:03-3802-3111(代表)

ファクス:03-3802-0044

特別定額給付金事業についての問合せ:区民生活部 特別定額給付金担当
電話:03-3802-3111(内線 3733)

報道発表についての問合せ:広報課報道映像係
電話:03-3802-3111(内線 2135)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?