トップページ > 広報・報道・広聴 > 報道・プレス発表 > 2020年8月 > 新型コロナウイルス感染対応 荒川区職業相談窓口を開設します(ジョブコーナー町屋)

更新日:2020年8月3日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染対応 荒川区職業相談窓口を開設します(ジョブコーナー町屋)

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、企業の採用活動の停滞や新規求人数の減少といった雇用失業情勢が急激に悪化しています。そこで区は、休業や解雇等を余儀なくされる労働者の増加に対応するため、区と東京労働局足立公共職業安定所が共同運営する、ふるさとハローワーク「ジョブコーナー町屋」に「新型コロナウイルス感染対応 荒川区職業相談窓口」を設置し、コロナ禍による離職者等の就労支援を推進します。

新型コロナウイルス感染対応 荒川区職業相談窓口について

開設日

令和2年8月3日(月曜)から

相談時間

月曜から金曜(祝日等を除く) 午前10時から午後6時まで

開設場所

荒川区荒川7-50-9 センターまちや3階 ジョブコーナー町屋内

電話番号

03-3819-7771

支援対象者

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた方で、就労支援を希望する方

支援内容

  • 職業相談窓口においてプレ相談を行い、本人の状況を確認
  • 本人の希望により通常の窓口相談のほか、日暮里専門ハローワーク(わかもの・マザーズ)等のキャリアカウンセラーによるマンツーマンの個別就職支援を実施
    ※注釈 予約の相談は、支援対象者の希望により、日暮里専門ハローワーク、ハローワーク足立本庁舎、ジョブコーナー町屋のいずれの窓口も選択が可能
  • 同一フロアにある「わかもの」「女性」「シニア」の各就労サポートデスクと連携して職業適性検査、応募書類作成、面接対策等の就職準備訓練を実施
  • なお、ジョブコーナー町屋は求人情報提供、職業相談、職業紹介に特化した施設のため、助成金・支援金や雇用保険受給に関する手続きには対応できません

区の担当者からのこの支援への想い(荒川区産業経済部就労支援課長 青木)

 「新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、雇用への不安に関する声が増えてきています。区として、現在、区内事業所の雇用維持を援助するため、雇用調整助成金等の周知・申請支援に努めているところですが、この度、ハローワーク足立の協力により、コロナ禍の影響により離職された区民が安心して再就職活動ができるよう、新たに職業相談窓口を開設することといたしました。区内の身近な窓口で、日暮里専門ハローワーク等で実施している手厚い支援サービスが受けられますので、お気軽にご利用いただければと思います。」

入口のようす

相談しているようす

お問い合わせ

産業経済部就労支援課就労支援係

〒116-0002荒川区荒川7-50-9 センターまちや3階

電話番号:03-3802-3111(内線:466)

ファクス:03-3819-7766

区政広報部広報課報道映像係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2135)

ファクス:03-3802-0044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?