トップページ > 広報・報道・広聴 > 報道・プレス発表 > 2020年7月 > 23区で初!基準日後に生まれた新生児にも、特別定額給付金を支給します(7月29日)

更新日:2020年7月29日

ここから本文です。

23区で初!基準日後に生まれた新生児にも、特別定額給付金を支給します(7月29日)

 特別定額給付金は、4月27日を基準日として、その時点で住民票がある方を支給対象と定めています。

 そのため、基準日後に生まれた新生児は対象外とされていましたが、このたび、国の地方創生臨時交付金をその費用に充てることを容認する方針が示されました。

 これを受けて、荒川区では基準日の翌日以降に子が生まれた世帯の家計を支援するため、特別定額給付金の支給対象を拡大して、新生児の生まれた世帯への特別定額給付金10万円の支給を開始します。

1 対象

  1. 令和2年4月27日時点で荒川区に住民登録があり、新生児の出生日の時点まで引き続き住民登録を有している世帯
  2. 令和2年4月28日から令和3年4月1日の間に生まれ、出生により荒川区民として住民登録された新生児

※注釈 区外からの転入により住民登録された新生児は、対象外です。

2 給付方法

 特別定額給付金の給付で使った世帯主の口座に、新生児分を振り込みます。定期的に住民基本台帳から新生児を抽出しますので、区民の方からの申請は不要です。

区の担当者より

 国の緊急事態宣言解除後も、新型コロナウイルス感染拡大が続く中、区民生活においては、経済的負担が増えているという声が寄せられ、要望や相談をお受けしてきました。

 そうした現場からの声にお応えするための一つとして、(1)中学生までの子どもがいる世帯に1万円(クオカード)、(2)ひとり親、親に障害がある子育て家庭やより厳しい状況にある世帯に1万円(クオカード)を支給する【子育て世帯臨時応援給付事業】を行ってきましたが、更なる支援策として今回の特別定額給付金基準日以降に生まれた「新生児への特別定額給付金支給事業」を実施します。

 コロナウイルス感染症への長期的な対応も視野に入れ、区として少しでも区民生活を応援したいと考え、今回の給付事業を行うことにしたものです。今後も区民の皆様の命と生活を守るために、必要な対応を行ってまいります。

お問い合わせ

区政広報部広報課

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)

電話番号:03-3802-3111(代表)

ファクス:03-3802-0044

特別定額給付金事業についての問合せ:区民生活部 特別定額給付金担当
電話:03-3802-3111(内線 3733)

報道発表についての問合せ:広報課報道映像係
電話:03-3802-3111(内線 2135)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?