トップページ > 広報・報道・広聴 > 報道・プレス発表 > 2020年6月 > 荒川区役所の玄関ホールに毎年恒例の笹飾りのプレゼント(6月30日 荒川区役所)

更新日:2020年6月30日

ここから本文です。

荒川区役所の玄関ホールに毎年恒例の笹飾りのプレゼント(6月30日 荒川区役所)

 本日、6月30日(火曜)、荒川区役所正面玄関に七夕の笹飾りの贈呈式がありました。

 この笹飾りは平成24年から毎年、黒川学園黒川幼稚舎(荒川区荒川7-7-10)に通う子ども達から贈られるもので、7月8日(水曜)まで飾られます。

 例年30名ほどの子ども達が来庁しますが、今年は、新型コロナウイルス感染症対策のため、齊藤正憲(さいとう・まさのり)園長が子ども達の代表として、七夕の笹飾りを区に贈呈しました。

 笹飾りが手渡された様子                                                                      園長から笹飾りを受け取る青山子ども家庭部長(左)   

 正面玄関の天井に頭がつきそう!                 正面玄関の天井に頭がつきそう!

当日の様子について

 午前10時30分すぎ、黒川幼稚舎の黄色いバスが区役所前に到着しました。人の背丈よりずっと高い笹飾りは、区の職員数人によって、そっとバスから降ろされました。

 区役所正面玄関で行われた贈呈式。齊藤園長が新型コロナウイルスの影響で来庁できなかった子どもたちに代わり、笹飾りを青山敏郎(あおやま・としろう)子ども家庭部長に手渡しました。

 2人の大人が見上げても「大きいな…!」というくらい区役所の天井に頭がつくくらいの大きくずっしりしたサイズ。笹飾りの中には、「あまのがわ」や「ひこぼし」などの七夕らしい短冊や、折り紙で作った輪っかの飾り、星形の画用紙に自分の似顔絵が描かれた飾りなどがあり、子ども達の想い想いの飾りで笹が彩られていました。 

 齊藤園長は「新型コロナウイルス感染症の影響で分散登園をしている子ども達に代わり、彼らの願いが込められた笹を預かって参りました。区のご支援、区民の方からのご協力を通して、子どもたちが楽しく過ごせるようにしていきたいですし、このような行事がもっと広がることを願っています。」と話しました。

 その後、区から笹飾り贈呈のお礼に、子ども達へ竹トンボと紙ふうせんのプレゼントを贈りました。

 今回担当した子育て支援課子育て事業係の有川湧伎(ありかわ・ゆうき)さんは、「今年で9回目の開催となりますが、黒川幼稚舎の皆さん、毎年笹飾りを送ってくださりありがとうございます。区役所の来庁者が綺麗な笹飾りを見て楽しんでいます。新型コロナウイルス感染症が流行していますが、皆さんも体に気をつけてください。」と述べました。

 東京都知事選挙期日前投票で来庁した区内在住の女性は「最近は新型コロナウイルス感染症関係の暗い話題が多かったけれど、久しぶりの明るい話題なので嬉しいです。行事はやるに越したことはないわよね。」と話していました。

 今年は、直接子どもたちの元気な声を聞くことはできませんでしたが、イベントの中止が続くなか、七夕の笹飾りを通して、区役所来庁者に四季や風情を感じさせて楽しませています。

七夕の笹飾りのプレゼントについて

 七夕の笹飾りは、平成16年から23年まで、私立観音寺三河島幼稚園の園児たちから、地域のために働いている区役所や荒川消防署、荒川警察署に日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼントされていました。

 平成24年3月に私立観音寺三河島幼稚園が閉園となってしまい、区職員だけでなく来庁する区民の目も楽しませていた笹飾りのプレゼントが途切れてしまうのは残念だということで、同じく区内にある黒川学園黒川幼稚舎の臼井実(うすい・みのる)園長(当時)から、代わりに笹飾りを贈っていただく旨の申し出がありました。

 このため、平成24年から黒川幼稚舎から笹飾りが贈られることになり、今回で9回目を迎えました。

 

みんなで作ったお飾り
みんなで作ったお飾り

スマホで撮っています

スマホで撮っています

 

お問い合わせ

子ども家庭部子育て支援課子育て事業係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:3812)

区政広報部広報課報道映像係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2135)

ファクス:03-3802-0044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?