トップページ > 生活(住まい・仕事等) > 人権・男女共同参画 > 男女共同参画 > 配偶者やその他親族からの暴力(DV)を理由に避難している方へ(新生児特別定額給付金について)

更新日:2021年3月5日

ここから本文です。

配偶者やその他親族からの暴力(DV)を理由に避難している方へ(新生児特別定額給付金について)

荒川区では、特別定額給付金の基準日(令和2年4月27日)の翌日以降に新生児が生まれた世帯の家計を支援し父母の心労を見舞うため特別定額給付金の給付対象を拡大して、新生児が生まれた世帯へ特別定額給付金(新生児1人につき10万円)を給付します。

原則として、特別定額給付金を給付した世帯主の口座に新生児分を振り込みますので、区民の方からの申請は不要です。ただし、配偶者やその他親族からの暴力(DV)を理由に、給付対象となる新生児とともに避難している方は、申出をしていただくことで世帯主でなくとも給付金を受け取ることができます。

対象となる配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方の要件

  1. 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(平成13年法律第31号)第10条第1項第1号又は第2号の規定による命令が出されていること。
  2. 婦人相談所による配偶者等からの暴力の被害者の保護に関する証明書(婦人相談所以外の配偶者等からの暴力に関して対応する機関(行政機関又は関係機関と連携して配偶者等からの暴力の被害者の支援を行っている民間支援団体を含む。)が発行した確認書又は配偶者等からの暴力を理由に婦人相談所の一時保護所若しくは婦人保護施設に入所している者に婦人相談所により発行される配偶者等からの暴力の被害者の保護に関する証明書と同様の内容が記載された証明書を含む。)が発行されていること。

アクト21で申請に必要な申出確認書を発行します

申出に必要な確認書を男女平等推進センター(アクト21)で発行します。

発行手続きについては、アクト21までお問い合わせください。

問合せ電話番号

男女平等推進センター(アクト21)

03-3809-2890(午前9時から午後5時15分まで)

※注釈 土曜・日曜・祝日を除く

新生児特別定額給付金について

新生児特別定額給付金(新生児1人につき10万円給付)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

総務企画部総務企画課男女平等推進センター

〒116-0012荒川区東尾久五丁目9番3号

電話番号:03-3809-2890

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?