区施設におけるブロック塀等に対する対応について

更新日:2019年4月1日

全区施設の点検結果と対応

 2018年6月、大阪府北部を震源とする地震によりブロック塀が倒壊し、歩行者が亡くなる事故が発生しました。
 区では、この事故を受けて、全ての区施設(242施設)のブロック塀等について安全点検を行い、以下のとおり対応しています。

現状 施設名 対応

小中学校等のプール脇にある一定の高さ以上のブロック塀等がある施設

瑞光小学校、第六瑞光小学校、第五峡田小学校、第四中学校、第七中学校、生涯学習センター 対応が完了しました。
区施設と隣地との境界等にあるブロック塀等のうち、補強(控壁)がない又は不足しているものがある施設 尾久西小学校、第二瑞光小学校、第三峡田小学校、赤土小学校、第五中学校、南千住第三幼稚園、西日暮里保育園、荒川保育園、西尾久保育園、区役所本庁舎、諏訪台ひろば館、日暮里ひろば館、(仮称)東尾久三丁目付近ふれあい館用地 一部の施設を除き、対応が完了しました。残った施設も2019年度早期に対応します。

公園・児童遊園
(注意を要する施設)

荒川五丁目公園、尾久竹橋公園、町屋五丁目北公園、西日暮里六丁目公園、峡田児童遊園、荒川六丁目児童遊園、町屋三丁目児童遊園、東尾久上児童遊園 対応が完了しました。

総務企画課
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)
電話:03-3802-3111(内線:2111)