先輩職員インタビュー 営繕課(建築)

更新日:2017年12月19日

先輩にいろいろ聞いてみました。

正面写真

Q.今の仕事内容を教えてください。

区が保有する施設の設計、工事監理業務を行っています。学校や図書館などの公共施設の建設や改修に携わることができます。

仕事風景
図面を広げ、工事内容を確認します

Q.仕事のやりがいや魅力を教えてください。

工事が完了し、新しくなった施設を見たときにやりがいを感じます。また子どもたちなどの施設利用者が笑顔で建物を利用してくれたときに、一番の喜びを感じました。

Q.職場はどのような雰囲気ですか。

とても良い雰囲気です。わからないことがあれば、係に関係なく、先輩や上司に相談できる職場です。また区役所内で行われるスポーツ大会に参加するなど、交流する機会があり、仕事以外のつながりを持つことができます。

Q.仕事をする中でどのようなことに気をつけていますか。

「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」を心がけています。特に営繕課では担当の工事現場が日々進んでいることもあり、不測のトラブルが発生したら上司に相談し、すぐに対応しています。

Q.特別区(荒川区)を志望した理由を教えてください。

木造住宅密集地域などの防災まちづくりに対し、興味を持っていたからです。災害に強いまちづくりについて、大学の学科において専攻しており、その知識をまちづくりに活かしたいと思い志望しました。

Q.入庁の前と後とで印象の違いはありますか。

公務員の建築職は、自ら設計することはなく、事務作業が仕事のメインだと思っていました。しかし実際には、自らの手で設計をしたり、現場に足を運び、工事監理をしたりなど建築職として、幅広く業務にあたることができ、ギャップを感じるとともに誇りを持って仕事をしています。

現場の風景

Q.荒川区に入ってよかったことを教えてください。

とにかく仕事が楽しいです。また職場の同期や先輩職員と、飲み会やバーベキューなどのイベントもあり、仕事、プライベート共に充実感を感じています。

Q.業務終了後や休日の過ごし方について教えてください。

休日は同期や先輩職員とテニスをしたり、飲みに行くことが多いです。

受験生へのメッセージをお願いします。

正面写真

公務員は民間企業と比べ、内定が出る時期が一般的に遅いです。周囲が次々と就職先が決まる中、不安でいっぱいになるかもしれませんが、自分の就職活動を信じることが大切だと思います。荒川区で一緒に働ける日を楽しみにしています。

ある1日のスケジュール
時間 項目 内容・コメント
午前8時15分 登庁 作業着に着替え、仕事の態勢に入ります。
午前8時30分 就業開始 担当する工事場所の既存図面をチェックします。
午前 現地調査 設計段階で工事場所に何度も足を運び、工事内容を検討します。
正午 お昼休憩 毎日同期職員と一緒にご飯を食べています。
午後 打ち合わせ 現地調査により検討した工事内容を上司や施設所管部署に報告します。
工事発注
準備
発注図面の作成や工事金額の積算を行います。
午後5時15分 退庁 片付けや着替えなど帰宅準備をします。
退庁後 同期職員と夜ご飯を食べて帰ります。

荒川区荒川2-2-3
(代)03-3802-3111
職員課人事係 (内線2231,2232)
職員課人材開発係 (内線2234)