先輩職員インタビュー 文化交流推進課(事務)

更新日:2017年12月19日

先輩にいろいろ聞いてみました。

正面写真

Q.今の仕事内容を教えてください。

区の芸術文化振興に関わる仕事に携わっています。その中でも主な担当は俳句文化の振興になります。

Q.仕事のやりがいや魅力を教えてください。

イベントの仕事が多く、内容から決めていくので調整が大変ですが、頑張った分だけ当日に反映されるので、やりがいがあります。

事業のPR風景

Q.職場はどのような雰囲気ですか。

仕事の話だけでなく、日々のちょっとした雑談もできるくらい雰囲気が良いです。

職場の風景

職場の風景

Q.仕事をする中でどのようなことに気をつけていますか。

覚えたこと、反省点、改善点を事業ごとにデータで残しています。細かいことは忘れてしまわないように、書き留めておきます。

Q.特別区(荒川区)を志望した理由を教えてください。

荒川区生まれ、荒川区育ちです。小中学生の時に多くの区の事業に参加させていただきました。また、地域の催しにも積極的に参加し、楽しかった思い出が沢山あります。学校や家族だけでなく地域にも育ててもらいました。人の成長にも携われる仕事に魅力を感じ、地元の区役所を志望しました。

Q.入庁の前と後とで印象の違いはありますか。

ある程度1日のするべきことが決まっていると思っていましたが、入区1年目から、イベント当日までのスケジュールを設定していくというところが意外でした。

Q.荒川区に入ってよかったことを教えてください。

自分の部や課だけでなく、他部署の職員とも交流があり、知り合いを増やせるのがとても楽しいです。部署に関係なく協力し合うことも多く、職員同士の関係が密だと感じます。また、荒川区には荒川区職員ビジネスカレッジという組織内大学があります。政治・経済・環境問題など、日々の業務では直接触れることのない分野についての教養を幅広く習得する環境が整っているため、職員としてはもちろん、1人の社会人としても大きく成長できる点でも、荒川区に入ってよかったと感じています。

Q.業務終了後や休日の過ごし方について教えてください。

区役所職員のフラダンスサークルに所属しています。仕事後の練習は疲れていますが、曲を聞くと癒されて気持ちが軽くなります。

受験生へのメッセージをお願いします。

民生委員会のポスターと一緒に写真

区役所の雰囲気を見るのも大切ですが、「地域に就職する」ので、まずその区を歩いていただいて自分とその地域が合うかどうかを大切にした方が良いと思います。就活中は辛いと思いますが、とても楽しい仕事ですので、最後の最後まで頑張って下さい!お待ちしています!

ある1日のスケジュール
時間 項目 内容・コメント
午前8時15分 登庁 自転車で元気に出勤します!
午前8時30分 就業開始 朝礼で上司の行動予定を把握します。
午前 事務処理 事業関係者の外部の方とのやり取りや、イベントまでのスケジュールの段取を組みます。
正午 昼休憩 自席でお昼をとります。週1回同期と一緒に過ごします。
午後 打ち合わせ 一緒にイベントを行う外部の方と打ち合わせを行います。
事務処理 打ち合わせ内容を基に案を作成し、上司に見てもらいます。
準備 イベントで使用する物の作製や資料の作成を行います。
午後5時15分 終業 書類の整理をしてから上がります。
退庁後 ジムに行ったり、同期や友達と過ごします。

荒川区荒川2-2-3
(代)03-3802-3111
職員課人事係 (内線2231,2232)
職員課人材開発係 (内線2234)