先輩職員インタビュー スポーツ振興課(事務)

更新日:2017年12月19日

先輩職員にいろいろ聞いてみました。

正面写真

Q.今の仕事内容を教えてください。

スポーツイベント、大会の企画・運営や、団体などへの補助金に関する業務を行っています。基本的にはデスクワークですが、スポーツというだけあり、動き回ることも多いです。繁忙期はジャージで仕事をすることもあります。

仕事時の服装

Q.仕事のやりがいや魅力を教えてください。

区だけでなく、様々な団体と協働して仕事を行っていることです。大会やイベントを開催するにあたり、裏方で緻密に考えなければいけないこともあり、様々な人たちと漸進的に計画を進めていきます。大変なことですが、逆にそれが仕事をするうえでの楽しさでもあります。

Q.職場はどのような雰囲気ですか。

職場の雰囲気はとても良いです。若手、ベテラン問わず先輩・上司の方にはとてもお世話になっています。

職場の様子

Q.仕事をする中でどのようなことに気をつけていますか。

条例や規則を確認するようにしています。区で行う業務は必ずその根拠となる条例・規則などが必ずあるため、把握しておかなければなりません。調べても分からない場合は先輩に聞くようにしています。

Q.特別区(荒川区)を志望した理由を教えてください。

「下町」に興味を抱いたことが一番の理由です。当時は全く訪れたことのないまちでしたが、説明会に参加して荒川区の魅力に気づき、志望しました。人と人とのつながりの強さが、荒川区のアドバンテージだと感じます。

Q.入庁の前と後とで印象の違いはありますか。

デスクワークだけでなく、現場に出向くことが多いことです。入庁するまで、実施するイベントなどは全て外部委託だと思い込んでいましたが、職員が下準備をすることが多いです。今では、まちでイベントのポスターなどを見かけると、主催はどこなのかに目がいってしまったり、この行事をやるのには職員の人たちは大変なんだろうなと、視点が職員側の立場になりました。

Q.荒川区に入ってよかったことを教えてください。

東京というと都心部に目が行きがちですが、風情ある下町で働くことができて、とても良かったと思っています。職場だけでなく、仕事で携わる区民の方たちも、とてもいい人ばかりで、感謝しています。また、研修制度が充実している点も魅力の1つです。私自身、Excelなどのパソコンのスキルを伸ばすため、IT研修を受講しました。もちろんIT分野のみならず、法律・業務改善など、多分野の研修が充実していて、日々の業務に活かすための能力を高められる環境が整っていると感じます。

Q.業務終了後や休日の過ごし方について教えてください。

休日はジムで筋トレをしたり、地元の先輩たちと遊びます。

受験生へのメッセージをお願いします。

ドッチビーと一緒に写真

民間企業の就活と並行していくべきか悩む人も多いと思います。私が就活生のときは、ここだけは受けたいという企業だけ面接を受けて、ウエイトはほぼ全て公務員試験におきました。やり方は人それぞれだと思いますので、自分に合った戦略で試験に臨むのが良いと思います!

ある1日のスケジュール
時間 項目 内容・コメント
午前8時 登庁 今日やる業務や締切の確認などをします。
午前8時30分 就業開始 朝礼で連絡事項などを確認します。
午前 資料作成
打ち合わせ
会議の資料作成や、イベント・大会の企画を行います。
正午 昼休憩 職場で食べることが多いです。
午後 事務処理 謝礼金や補助金の支出を行います。
午後7時30分 会議 区民の方たちとの会議は、平日の夜に行われることが多いです。より盛大な大会にするために、綿密に計画していきます。
午後9時30分 退庁 今日も1日頑張りました!

荒川区荒川2-2-3
(代)03-3802-3111
職員課人事係 (内線2231,2232)
職員課人材開発係 (内線2234)