先輩職員インタビュー 税務課(経験者採用)

更新日:2017年12月19日

先輩にいろいろ聞いてみました。

正面写真

Q.今の仕事内容を教えてください。

住民税を滞納している区民の相談を受け、滞納の解消へ導くことが仕事です。相談による完納が難しい場合には、法に基づき滞納処分を行うなど、厳しい姿勢が求められることもあります。しかし、公平かつ公正な税の秩序を保つために、区民一人一人と真摯に向き合いながら、日々業務に取り組んでいます。

Q.仕事のやりがいや魅力を教えてください。

区民の方に「ありがとう」と言ってもらえた瞬間、この仕事に就いて本当によかったと感じます。一人でも多くの区民に納期内納税者になってもらえることを目標に、業務に従事しています。

Q.職場はどのような雰囲気ですか。

お互いに協力することを惜しまない、とても働きやすい雰囲気です。業務内容が専門的なため、着任したばかりの職員にとって非常に大変ではありますが、経験のある職員にサポートしてもらいながら働くことができます。私自身も、着任したばかりの頃は右も左も分からず苦労しましたが、上司や先輩からのサポートのおかげでしっかりと業務に従事できま した。今でも悩みがあるときは、お互い相談しあったり、一人で解決できないときは力を合わせて取り組むなど、助け合いながら働いています。職員は皆、いつでも仕事に対して真剣で、一緒に働けてよかったと思える方ばかりです。

職場の風景
職場の様子

Q.前職ではどのような仕事をしていましたか。また公務員との違いはありますか。

銀行で、個人顧客を対象とした融資業務に携わっていました。具体的には、住宅や自動車の購入資金のためのローン受付及び審査、返済の管理、返済が困難となった顧客への助言指導などです。

民間と公務員の最大の違いは、利用者に何を求めるかという点にあると感じます。私が勤めていた銀行において、サービス利用者である顧客に最終的に求めるものは、「取引を拡大していただくこと」でした。一方、公務員ではサービス利用者である住民に対し、「幸せに生活してもらうこと」を求めています。前職と現在従事する業務は、共通した部分も多くありますが、最終的な目的が大きく違います。そのため、サービス利用者への対応方針や接し方だけでなく、自分自身のモチベーションまでもが大きく異なってくるように感じています。

Q.公務員に転職しようと思った理由やきっかけを教えてください。

少しでも多くの人が幸せに生きるお手伝いをしたい、という思いから転職しました。民間企業は、顧客、株主、会社のために仕事をします。そのため、仕事には利益追求といった側面もあります。一方、公務員は100%住民のためです。社会人生活10年を目前に控え、自分は何をしたいのか、どう生きていきたいのか、自分自身に問い続けた結果、特別区の採用試験の受験に至りました。

仕事の様子
区民の方の相談内容に合わせて対応します

Q.区の職員になって変わったことはありますか。

行政と暮らしの関わりに注意するようになりました。日々のニュースを見たり、実際に色々な場所に出かけた際に、地元自治体の施策や施設に注目するようになりました。また、行政へのイメージそのものも変わりました。以前は、行政の存在を特段意識していませんでしたが、区の職員になってからは、行政が日々の生活に必要不可欠な存在であることを感じています。

Q.業務終了後や休日の過ごし方について教えてください。

「食べること」が大好きなので、平日週末問わず夫と食べ歩きを楽しんでいます。最近では、食べることをもっと楽しむため、子どもの頃から苦手だった辛いものを克服しました。いまやエスニック料理が大好きです。また、美味しいものにもっとたくさん出会うため、先日ついに自転車を購入してしまいました。ダイエットにもなるので一石二鳥です。

経験者採用での就職を考えている方にメッセージをお願いします。

立ち姿の写真

私は前職の仕事後に、疲労と眠気と闘いながら試験に向けて勉強する日々でした。挫けそうになる瞬間は何度もありましたが、公務員として働きたいという強い想いによって、これを乗り越えることができたと思います。みなさんの中にも、試験対策の時間を捻出することが困難な方は多いと思いますが、やりたいことを具体的に考え、自分自身が働く姿をイメージしながらモチベーションをあげて頑張 ってください。
私は区の職員になって、一度たりとも後悔したことはありません。それどころか、自分の仕事が区民の幸せにつながるんだ! と毎日誇らしい気持ちで働いています。一緒に働けることを楽しみにしています。荒川区を盛り上げていきましょう!

ある1日のスケジュール
時間 項目 内容・コメント
午前8時 登庁 メールや1日のスケジュールを確認し、必要な書類の準備をします。
午前8時30分 就業開始 窓口対応と電話対応が始まります。
午前 滞納整理 滞納している区民のご自宅を訪問することもあります。
正午 昼休憩 食堂や近くのレストランで食事をします。
昼当番の際には、時間をずらして昼休憩をとります。
午後 滞納整理 窓口・電話対応を行いつつ、 書類作成などのデスクワークに取り組みます。
また、相談室で区民の方と今後の納税計画について検討します。
午後5時15分 退庁 残務整理及び、明日のスケジュール確認を行います。
退庁後 乗換駅にあるデパートでファッションチェックをします。献立を考え夕ご飯を楽しみに帰ります。

荒川区荒川2-2-3
(代)03-3802-3111
職員課人事係 (内線2231,2232)
職員課人材開発係 (内線2234)