先輩職員インタビュー 情報システム課(経験者採用)

更新日:2017年12月19日

先輩にいろいろ聞いてみました。

正面写真

Q.今の仕事内容を教えてください。

主に職員ポータルや文書管理システムといった内部事務系システム全般や庁内ネットワーク、OA機器などの運用管理、セキュリティ対策といった業務を担当しています。職員が安全かつ円滑に仕事に取り組めるように、日々発生する課題に対して、各システムの事業者と調整しながら対策を検討・推進しています。

打合せ風景
システム更新の打ち合わせ

Q.仕事のやりがいや魅力を教えてください。

現在の所属では職員を相手に仕事をすることが多く、区民の方と関わる機会は少ないのですが、一度区民の方にシステムの操作説明をした際、「区民の声」で感謝の言葉を頂いたことがありました。前職がB to Bの仕事だったため、そういった機会は初めてで、とても励みになりました。

Q.職場はどのような雰囲気ですか。

情報システム課は窓口がなく、執務室も比較的閉ざされた空間なので、一般的なイメージからすると区役所らしくない職場です。日中は問い合わせや打ち合わせに追われることが多く、予定していた仕事が進まないこともありますが、皆で分担して助け合いながら進めています。

Q.前職ではどのような仕事をしていましたか。また公務員との違いはありますか。

システムエンジニアとして、システムの開発や運用保守をしていました。開発では、お客様の要望をヒアリングし、ニーズを満たすより良いシステムを提案・実現するよう努めていました。個人的に野球ファンなので、プロ野球関係のシステムに携わったことが思い出です。

民間と比較して、公務員では幅広い知識が求められると感じています。担当業務だけ見ても、全く毛色の異なる複数のシステムやネットワークなどを見ていく必要がありますし、他部署の業務知識や法律の知識が求められる場面もあります。また、区民の方々の生の声を聞いたり、給料の出所が税金であることを考えると、民間とは違った責任の重さを感じます。

仕事の様子

Q.公務員に転職しようと思った理由やきっかけを教えてください。

システムは、サービスや娯楽として人々の生活を豊かにするもの、あるいは、縁の下の力持ちとしてあらゆる業界を支えるものと考え、IT業界に従事していました。しかし、不景気に陥った際、真っ先にシステム関係の予算が削減されることが多いと感じました。悪い言い方をすれば、システムは「楽をするための道具」であり、システム化しなくともある程度仕事は回るものだからです。そこで、「人々が困っている時に仕事がないのでは、本当に人の役に立つ仕事と言えるのか」と考えたのが転職を意識したきっかけです。数ある業界の中から公務員を選択したのは、人々の生活の根幹に関わる仕事であり、困っている人の力になれると考えたからです。

Q.区の職員になって変わったことはありますか。

公務員に対するイメージが一変しました。俗に言う「お役所仕事」が多いイメージを抱いていたのですが、実際は全くそんなことはありませんでした。柔軟で行動力のある方が多く、社会人として尊敬できる方ばかりです。

Q.業務終了後や休日の過ごし方について教えてください。

友人との食事や飲み会、カラオケが多いですが、野球観戦や好きなアーティストのライブに行ったりもします。プロ野球では千葉ロッテマリーンズを応援しており、球場で思いっきり応援歌を歌うことがストレス発散にもなります。ちなみに、マリーンズの前身であるオリオンズの本拠地・東京スタジアムは荒川区にあったので、いつか荒川区とマリーンズのコラボ企画ができないかと密かに期待しています。

経験者採用での就職を考えている方にメッセージをお願いします。

立ち姿の写真

公務員になった後の明確なビジョンや、仕事に対する確固たる信念があれば、論文や面接でどんな質問が来ても答えに困ることはありません。堂々と試験に臨めば、これまで培ってきた経験が採用担当者に必ず伝わると思います。荒川区は経験者採用で入区した職員も多く、働きやすい職場です。ぜひ荒川区で皆さんの経験を活かしてください。

ある1日のスケジュール
時間 項目 内容・コメント
午前8時20分 登庁 区内在住なので、自転車通勤しています。以前の満員電車での通勤から開放されて気持ちの良い朝です。
午前8時30分 就業開始 スケジュールや残タスクの確認、メールチェックを行います。
午前 問い合わせ対応 担当システムについての様々な問い合わせに対応し、必要に応じて事業者と連絡を取ったりしながら解決を目指します。ほとんどが職員からの問い合わせですが、時折区民の方からお電話を頂くこともあります。
正午 昼休憩 地下の食堂で同期数人で昼食をとります。
午後 打ち合わせ 事業者と課題を共有し、対応策について検討したり、日々の運用が適切に行われているか等を確認します。
配線作業 機器の移設に伴うLAN配線の整備を行います。業者に委託することもありますが、小規模であれば職員で対応します。作業場所が区内の出先機関の場合は自転車で現地まで移動します。
定時後 残業 日中と違い電話があまり鳴らないので、集中して仕事に取り組めます。システムメンテナンスがある場合は、遅い時間まで立会いになることもあります。
退庁後 月に数回、同期と食事に行きます。同期は採用の区分に関係なく仲が良いので、幅広い世代との交流で刺激を貰っています。

荒川区荒川2-2-3
(代)03-3802-3111
職員課人事係 (内線2231,2232)
職員課人材開発係 (内線2234)